フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。

リンク

2022年12月 6日 (火)

取材

Img_5205 タワーレコード「イントキシケイト」誌の取材を受ける。聴き手は小室敬幸さん。

それにしても私が最初の交響曲を書いた三十代半ば頃、まさか自分が作曲家として70歳近くまで生き延びるなんて1㍉も想像していなかった。いや、そもそもクラシック音楽とかオーケストラとか交響曲が21世紀にもなってまだ生き残って居るなんて、これはもう100%絶対あり合えないと思っていた。

しかし、現実は全て大はずれだ。なので私には(過去を愚痴るのは許して貰うとして)未来を語る資格はない。

人生にしろ世界にしろ音楽にしろ、未来は全く以て何も誰にも分からない。
だから若者たちよ。楽観するのも悲観するのも無駄だ。
とにかく生きたいように生きたまえ。

2022年12月 4日 (日)

田部京子ピアノリサイタル

221204 浜離宮朝日ホール「田部京子ピアノリサイタル」

・ブラームス:4つの小品op.119
・ベートーヴェン:ピアノソナタ第32番op.111
・シューベルト:ピアノソナタ第21番変ロ長調
…という三人の作曲家の最後のピアノ曲を並べた選曲。

シューベルト最後の第21番は、前半の長大な2つの楽章の滔々と流れ広がる深淵がすべてだと昔は思っていた。
後半の2つの楽章は、急に「ところで」と全然違うユーモア混じりの話が始まったような(どこか取って付けたような)不自然さを感じていた。

…のだが、20年ほど前にこの曲のピアノ協奏曲版を書いてからは、短いながら不思議なユーモアがよぎる後半2つの楽章が好きになってきた。
暗い世界の底を彷徨う日々が続き何の解決の糸口が無くとも、まずは「ところで」と呟いて微笑んでみる。そうすれば何はともあれ「明日は来る」。

そもそも「音楽」という存在そのものが、そういうものなのかも知れない。

2022年12月 1日 (木)

お知らせ@トロンボーン協奏曲〈オリオンマシーン〉

9be4b240a603cefeb5c7e4a96504d21b

Trb:箱山芳樹/指揮:山下一史/千葉交響楽団@2022年10月15日/千葉県民文化会館大ホール

tvuch.com/social/592/

2022年11月28日 (月)

協奏曲チクルス

協奏曲の今年の上演記録

01月29日:ピアノ協奏曲(シューベルト編曲版@シティフィル
02月19日:チェロ協奏曲〈ケンタウルスユニット〉@シティフィル
03月16日:マリンバ協奏曲〈バードリズミクス〉@センチュリー響
08月11日:ピアノ協奏曲(シューベルト編曲版@関西フィル
09月10日:アメリカREMIX(エレキギター版)@京都響
09月25日:チェロ協奏曲〈ケンタウルスユニット〉@東京響
10月12日:サイバーバード協奏曲@名古屋音大
10月15日:トロンボーン協奏曲〈オリオンマシーン〉@千葉響
11月04日:ピアノ協奏曲〈メモフローラ〉@プロムスJapan
11月12日:サイバーバード協奏曲@昭和音大
12月15日:サイバーバード協奏曲@札幌響

2022年11月25日 (金)

交響曲チクルス?

Cdsym1私の交響曲の来年の上演予定

CD1月新譜:第1番・東京交響楽団
03月11日:第3番・東京交響楽団
04月22日:第6番・日本フィル
06月09日:第3番・東京シティフィル
06月16日:第3番・関西フィル
2024年
01月31日:第4番・大阪交響楽団

・・・正気か?(笑

2022年11月17日 (木)

EXPO'70 夢の跡

Photo_20221117211401 NHKのとある番組のために西村朗センセと大阪万博(EXPO'70)の思い出を核に70〜90年あたりの現代音楽や世界について対談。

二人とも当時は青雲の志に燃える高校生。(私は夏休みに東京から知り合いの家に居候して2泊3日の万博体験。西村氏は地元だったのでお祭りに通うように何度も訪れたそうだ)二人して現代音楽絶頂期の熱気と夢と狂気を全身に浴びて音楽の道に踏み込んだ…筈だったのだが、この万博をピークにして衰退と転落が始まるとはその時は知る由もなかった(笑

→写真は鉄鋼館スペースシアター(武満徹・クセナキス・高橋悠治らの音楽が1000個の可動式スピーカーやレーザー光線と共に演奏されていた未来的音楽空間)。下は10年ほど前に訪れた時の鉄鋼館。

2022年11月12日 (土)

NHK交響楽団定期/解説ゲスト

Img_3136
NHK交響楽団第1968回定期公演FM生放送の解説出演。
・伊福部昭「タプカーラ交響曲」
・ショスタコーヴィチ「交響曲第10番」
井上道義指揮NHK交響楽団。
司会:金子奈緒/解説ゲスト:吉松隆
Img_3142

2022年11月 8日 (火)

京都曼荼羅

仁和寺の紺紙金泥曼荼羅が特別公開されていると聞いてふらっと京都へ。
Photo_20221110100101

曼荼羅を見たあと、紅葉を求めて神護寺・永観堂などあちこちを回る。見頃は来週・再来週あたりとのことだが、ところどころに美しい色彩がグラデーションを描いていてなかなかの風情。まだ幾分観光客も少なめで静かな京都を堪能する。

Kyoto2022nov
8日夜の皆既月食は先斗町で酒を飲みながら。
月下独酌 
花間一壺の酒・・・

«取材&プロムス