フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 京都・嵯峨野を少し歩く | トップページ | 超クラシック入門 »

2005年9月30日 (金)

生番組がチョン切れる

 夜、NHK-FMベスト・オブ・クラシック(NHK交響楽団1551回定期)解説の生出演でちょっとした珍事。この番組、生演奏の生放送なのだが、なんと演奏が番組の放送枠に収まらなかったのだ。

 指揮アシュケナージ、vn:レーピン。曲目はべートーヴェンのヴァイオリン協奏曲とショスタコーヴィチの交響曲第8番。前半45分、休憩が15分、後半1時間2分で、既に合計2時間2分。2時間の放送枠に収まりそうもないので、10分放送枠を延長したうえ冒頭の解説まで切り詰めて収録に臨んだ・・・のだが、それでもギリギリの綱渡りスケジュール。ところがレーピンくん、コンチェルトの好評に気を良くしてアンコール(バッハの無伴奏パルティータ)を弾き始めてしまったのだ!!!その瞬間、担当者の間から「ぎゃあ〜」という悲鳴が(笑)

 おかげで、後半のショスタコーヴィチの8番はフィナーレの最後の最後40秒が尻切れトンボに。・・・残念!・・・

« 京都・嵯峨野を少し歩く | トップページ | 超クラシック入門 »

コンサート、放送」カテゴリの記事