フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 難波鉦異本 | トップページ | ホームページ全面リニューアル »

2005年11月19日 (土)

田部京子シューベルト・チクルス

 浜離宮朝日ホールで、田部京子さんのシューベルト・チクルス最終回を聴く。今回はシューベルトの177回目の命日(1828年11月19日没)にちなんで、最期の年に書かれた3つのピアノ曲(遺作)と最後のソナタ(第21番)という最晩年の作品ばかりを集めた、ちょっと鬼気迫る組み合わせ。最晩年…と言っても、わずか31歳の青年が書いた音楽なのだから、たっぷり長生きした我が身を思うとちょっと複雑な気分ではあるけれど…。

 それにしても、 第21番変ロ長調のソナタは(そもそも田部京子さんのピアノに出会ったのが、この曲だったのだが)、いつ聴いても不思議な虚無感とたゆたうリリシズムで思考を心地よく麻痺させてくれる。よく書けているとは言えないし無駄に長いのだが、そのバランスを失した長さこそが愛おしいのだ。特に今回の演奏では(命日の演奏ということもあったのか)第2楽章の白濁夢の中に聴こえてくる葬送の歌に不覚にも涙を覚え、改めて音楽の深淵に心震えてしまった。死後177年経ってなお人の心に入り込む。恐るべしシューベルト。


tabe051119

« 難波鉦異本 | トップページ | ホームページ全面リニューアル »

コンサート、放送」カテゴリの記事