フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 釈迦とは俺のことかとシッダルタ言い | トップページ | 氷の上のトゥーランドット »

2006年2月22日 (水)

トリビア(無駄な知識)の泉:現代音楽編

 ジョージ・クラム(George Crumb1929-)というアメリカの現代音楽作曲家がいる。個人的には彼の「子供たちの古代の声(Ancient Voices of Children)」(1970)という作品こそは、20世紀が生んだ現代音楽屈指の「ケッサク」(「傑作」ではない)のひとつだと思うのだが…それはおいといて…、CDを探すために彼の名前をネットで検索していたら、ちょっと面白い結果にヒット。なんと「ポテトチップスの発明者」と同姓同名なのだ(笑)。

 こちらのジョージ・クラム(George Crum)氏、ニューヨークのとあるホテルでコック長をやっていたところ、ある日「フライドポテトが厚すぎる」という客の苦情があり、それにカチンと来て「これならどうだ」とメチャクチャに薄く切ったポテトを揚げて出した……というのがポテトチップス誕生の由来なのだとか。それが1853年7月のことで、ホテルの前には記念碑が建っていると言う。

7598d250fca06b311a8f5010

« 釈迦とは俺のことかとシッダルタ言い | トップページ | 氷の上のトゥーランドット »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166801/8785141

この記事へのトラックバック一覧です: トリビア(無駄な知識)の泉:現代音楽編:

« 釈迦とは俺のことかとシッダルタ言い | トップページ | 氷の上のトゥーランドット »