フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 悲しきゴジラ:伊福部昭氏死去 | トップページ | ひそかにブログ(ここ)開設 »

2006年2月13日 (月)

不思議くんリフシッツのピアノ

 ジャパン・アーツで打合せの後、「今日こんなコンサートがあるんですけど」と勧められて、コンスタンチン・リフシッツのピアノ・リサイタル(東京オペラシティ in 初台)へ行く。

 デビュー時(18歳頃)の天才美少年のイメージしかなかった彼も、もう30歳(しかもヒゲが生えている!)。メイン・プログラムが「展覧会の絵」というのはあんまり興味をそそらなかったのだけれど、マネージャー女史が「ヘンな人なンですよぉ〜」と再三再四言うので好奇心に駆られて見に行ったのだが、これが大当たり。確かに「ヘンなヤツぅ〜」(^_^;)。

 なにしろ、何やら黒い羽織を着て舞台に登場したのからして「???」。しかも、聴衆から顔を背けるようにあっち向いて演奏するし「??」、弾き終わると「はい、終わり」とばかりに一度ペコリと頭を下げただけで舞台袖に引っ込んでしまうし「??」。

 ただし、演奏は物凄い。客席をシーンとさせる緊張のピアニシモから、重戦車の轟音のようなフォルティッシモまで自由自在だし、失速寸前のスローテンポ、疾走する狂気のプレスト、おまけにピアノ内部の弦を掻き鳴らす内部奏法まで、新兵器を次から次へと繰り出してくる。聴き慣れた(と言うより聴き飽きた)「展覧会の絵」が、何か別のオーケストレイションを施された別の曲のように(実際、あちこち楽譜をいじくっているみたいだし)「加工」されてゆく。

 ピアノの伎倆の凄まじい天才性と、指向の少年っぽさ(と言うより「お坊ちゃまっぽさ」)との「絶妙なアンバランス」。面白いなぁ、こいつ。「のだめカンタービレ」に出演させたいくらいだ(笑)
Lifschitz

« 悲しきゴジラ:伊福部昭氏死去 | トップページ | ひそかにブログ(ここ)開設 »

コンサート、放送」カテゴリの記事