フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« おすすめコネタ | トップページ | 多重ブログ人格@プラス »

2006年3月 7日 (火)

モ先生に捧げる哀歌

 先日、この5月の連休に東京国際フォーラムで(モーツァルトをテーマ作曲家にして)開かれる音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ (熱狂の日)」がらみで取材を受けた。
 聞くところによると、昨年の(ベートーヴェンをテーマ作曲家にした)公演では、3日間で209公演を行い、チケット10万枚を売り、延べ30万人の来場者があったと言う。「ついにクラシックもメジャーになったか!」と叫びたくなるような、一見バブルっぽい景気のいい話である。

 ところが、「実は、それでも全体の収支は赤字なんです」と聞いて、一瞬にして現実に引き戻された。演奏家が豪華な割にチケットが安く設定されていて(1500円ほど)、多くの人が気軽にクラシックを聴けるのはいいけれど・・・
 そうなのか。誰かが負担しないと、30万人を集めてもクラシックってやっていけないのか。テーマ作曲家なんて持ち上げておいてベ先生にもモ先生にも一円も払っていないというのに…。これじゃあ、生きてる作曲家にお金を払おうなんて誰も思い付かないのは当然だな。

 さあ、最高の音楽を作っておくれ。
 でも、お金にはならないから、一円だってあげないよ。
 そして、いい曲が書けたら、とっとと死んでおくれ。
 早く著作権が切れるようにね!

Money

« おすすめコネタ | トップページ | 多重ブログ人格@プラス »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166801/8983740

この記事へのトラックバック一覧です: モ先生に捧げる哀歌:

« おすすめコネタ | トップページ | 多重ブログ人格@プラス »