フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 黒ネコのコピー&ペースト | トップページ | クラシック・ミニ・バブル »

2006年3月13日 (月)

天才:大澤壽人の復活

4170111204_20051104181430

 昨日(12日)西宮の兵庫芸術文化センターで「大澤壽人とその時代」というコンサートが開かれた(佐渡裕:指揮、迫昭嘉:ピアノ、兵庫芸術文化センター管弦楽団)。チケット完売&満席の盛況で「とても面白かったです」と報告してくれたのは、この6月に大阪で私の作品ばかりのリサイタルを企画しているピアニストの河村泰子さん。彼女は、大澤壽人が戦後しばらく教鞭を取っていた神戸女学院の出身なのだそうだが、自分の出身校でありながら(しかも音楽学部で、そこには作曲専攻まであるのに)大学からは何のインフォメイションもなく「昨年まで、この人の存在を知りませんでした」というあたりに、日本の音楽界の冷たさが身に沁みる(笑)。

 神戸生まれで、来年2007年で生誕100年を迎える大澤壽人(おおざわ・ひさと:1907-1953)は、ショスタコーヴィチあるいはジョリヴェ、メシアンあたりと同世代。アメリカ(ボストン)からパリへと留学し、当時の最先鋭の音楽を身につけ、1936年29歳で帰国している。一昨年NAXOSで紹介されて話題になったピアノ協奏曲第3番「神風」は、まさにその時代のモダンで洒落たセンスとスピード感を持った(まさしく日本人離れをした)名作で、これが1938年31歳の作とは驚くしかない。

 その後、いかに戦争という不毛の時代があったとは言え、この才能が以後パッタリ封印されてしまったうえ、戦後も無視され続け(関西ではクラシック啓蒙運動の旗手として活躍したそうだが)、その作品どころか存在すら死後50年もきれいさっぱり忘れ去られていたとは!。「もったいない」どころじゃない。日本の音楽界にとってはまさしく「悲劇」というべきだろう。

 それにしても、死後100年も古臭い音楽として埋もれていたバッハにしろ、40年も引出しの中に楽譜を忘れ去られていたシューベルトにしろ、書きかけの第9のフィナーレを親戚たちがバラバラにして持って帰ってしまったブルックナーにしろ、クラシック音楽界というのは凍りつくような恐怖の逸話に満ちている。ほら、そこのキミ、ヨシマツなんか聴いてる場合じゃないったら(笑)

« 黒ネコのコピー&ペースト | トップページ | クラシック・ミニ・バブル »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166801/9069061

この記事へのトラックバック一覧です: 天才:大澤壽人の復活:

« 黒ネコのコピー&ペースト | トップページ | クラシック・ミニ・バブル »