フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« ベルリオーズ&R=シュトラウス「管弦楽法」 | トップページ | タピオラ幻景 楽譜 »

2006年3月25日 (土)

交響曲は燃えないゴミの日に

Jasrac 3月下旬は作曲家にとって年4回(3月・6月・9月・12月)の著作権使用料分配の日。国内外で演奏・放送・録音・配信された作品の使用料3ヶ月分が、JASRAC(日本音楽著作権協会)からの「支払計算書」の明細通り所定の銀行に入金される。サラリーマンの「給料日」みたいなものである。

 …などという話をしたら、「交響曲って、演奏されると幾らくらいの収入になるんですか?」と、若い人から無邪気に聞かれる。「曲の長さや国によって差はあるけれど、最低2千円から最高でも1万数千円くらい」と答える。「ウソでしょ?」という顔になるのが分かる。

 実際、私が最初に演奏使用料というのをもらった「朱鷺によせる哀歌」のN響でのコンサートの時は2,600円。旧ソヴィエトで演奏された時なんか7円だった!。一番気前のいい国の大ホールで45分のフルサイズの交響曲が演奏されても、2万円になるかならないかである。

 若者は「そ、それじゃ全然儲からないじゃないですか!」と叫ぶ。そうだよ。儲かるとでも思ったのかい? しかも、こんな金額だって演奏する側からすれば「有料」(モーツァルトやベートーヴェンは「ただ」なのにね)だから、死んで50年以上たって著作権が切れたのを確認してからじゃないと、誰も演奏しようとすらしないのがクラシック音楽界なんだ。

 「それって何か、社会的にも経済的にもありえない話ですよね」。その通りなんだよ、若者。偉そうに言っているけど、交響曲とは「作品」なんかじゃない。作曲家が持てる英知のすべてを傾け、人生すべてを捨てて作り上げる「燃えないゴミ」なんだ。「え。燃えるんじゃないっスか?」。ああ、確かにスコアは紙だから燃えるけれど、CDになれば不燃ゴミだろ……って、そんな話をしてるんじゃないんだよ、若者。

 「それなのに、ヨシマツさんはどうして書いてるんですか?」。ああ、いい質問だね。それはね。バカだからだよ(笑)。

« ベルリオーズ&R=シュトラウス「管弦楽法」 | トップページ | タピオラ幻景 楽譜 »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルリオーズ&R=シュトラウス「管弦楽法」 | トップページ | タピオラ幻景 楽譜 »