フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 多重ブログ人格@プラス | トップページ | 黒ネコのコピー&ペースト »

2006年3月10日 (金)

ScanSnapという道具

 仕事場に溜まった書類の山の整理(と身辺整理?)を考えていたところ、ScanSnap(富士通:S500)という機械に出会う。

 早い話が、ビジネス文書(および名刺)の読み込み専用スキャナーで、A4大までの紙資料なら、音楽会のチラシでもワープロ原稿でも雑誌のページでも、1分間に18枚というスピードで魔法のようにするすると読み取って、そのままPDFのデータにしてくれる。
 ファイルにまとめて整理する…というのは、紙媒体の場合と同じだが、データをすべてコンピュータ内に取り込むことで、整理や検索が簡単に出来るし、なにより溜まりに溜まった(むかしの資料や原稿や書類やデッサンやスケッチなどの)不要な紙の束をすべて処分出来る。これは便利・・・

 ・・・と思ったのだが、紙がすべてA4ペラだけのわけもなく、プログラムや雑誌の記事のように冊子状になったものや不定形の切り抜きなどは、やはり1枚1枚スキャンするしかないわけで、お手軽に全山整理は夢のまた夢。ああ、魔法の小人が欲しい。

 でも、ゆくゆくは
 音の記憶とデータだけ残して
 現世にはきれいさっぱりモノを残さない
 さういふものにわたしはなりたい。

ScanSnap

« 多重ブログ人格@プラス | トップページ | 黒ネコのコピー&ペースト »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166801/9017261

この記事へのトラックバック一覧です: ScanSnapという道具:

« 多重ブログ人格@プラス | トップページ | 黒ネコのコピー&ペースト »