フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 生まれなかった音楽への鎮魂の舞 | トップページ | 続いちめんのモーツァルト »

2006年4月 9日 (日)

現代の音楽を憂える青年の主張

Cut 日本人の書いた交響曲というのに興味があるという若い人に、…クラシック音楽界の〈現代の作品〉の扱いって本当におかしいですよね、と絡まれた。

 うんうん、わたしゃもう隠居の身だからよう分からんが、そうかもねえ。最近、現代音楽専門のコンサートや放送が絶滅同然になって、新しい作品が聴けなくなってるじゃないですか。そのくせ、モーツァルトだのベートーヴェンだの「もうわかった」というような過去の名作ばかりをうんざりするほど繰り返し演奏する。これって例えば、生きてる作家がたくさんいるのに、本屋にはゲーテとかシェークスピアとか紫式部とかしか並んでない…というのと同じでしょ?。

 ああ、そうだねえ。おかしいねえ。おかしいですよ。まあ百歩譲って現代の新作よりシューベルトやショパンの方が面白いとしても、じゃあ本屋に並んで平積みになってる新刊の推理小説はみんなコナン・ドイルより面白いですか?。ポップスの最新のヒット曲はみんなビートルズやプレスリーより面白いんですか?

 うう。そうだねえ。ひと言もないねえ。新しい音楽が演奏されなければ、聴き手の耳が育たないじゃないですか。で、聴き手の耳が育たなければ、才能ある作家が育たない。その結果つまらない音楽ばかり世にはびこれば、悪循環で才能のある人がますます寄りつかなくなる。自分で自分の首を絞めているようなものですよ。

 うんうん、おっしゃる通りだねえ。困ったねえ。悪循環だねえ。だからヨシマツさんも、交響曲が演奏されても1万円ちょっと…なんてビンボ臭い打ち明け話を書いちゃだめですよ!。って、わたしが悪いんかい!

« 生まれなかった音楽への鎮魂の舞 | トップページ | 続いちめんのモーツァルト »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生まれなかった音楽への鎮魂の舞 | トップページ | 続いちめんのモーツァルト »