フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 現代の音楽を憂える青年の主張 | トップページ | クラシック音楽探偵事務所開設 »

2006年4月11日 (火)

続いちめんのモーツァルト

 モーツァルト本巡りの続き・・・
*アインシュタイン「モーツァルトその人間と作品」(白水社)
*アンリ・ゲオン「モーツァルトとの散歩」(白水社)
*ドン・キャンベル「モーツァルトで癒す」(日本文芸社)
*吉田秀和・高橋英郎「モーツァルト頌」(白水社)
*篠原佳年「絶対モーツァルト法」(マガジンハウス)
*深川光司「モーツァルト・ダイエット」(ベストセラーズ)

Title 興味深かったのは、音楽療法を説くD.キャンベルの著(原題は〈モーツァルト効果〉)。モーツァルトを聴くと頭が良くなる…という類いの話は基本的に眉唾だと思っているけれど、音楽の中に含まれる高周波や特定の振動波が体の各部分へ共振する(東洋で言うチャクラの思想だ)…という視点から「ある種の音楽にはプラシーボ(偽薬)的な医療効果がある」と結論づけるなら、それは充分納得出来る。

 そもそも人間の「耳」というのは、二足歩行するに当たってバランスをとるのに最も重要な三半規管がある部分。「空間や環境そして身体の認識」と「音の重なりの認識」を同じ器官(耳)でやっていることが、実は音楽の謎に深く関わっているわけなのだ。

 だから、そのあたりを「耳は皮膚から分化したのではなく、皮膚こそが耳から分化したのだ」と言い切る(聴覚の研究者)トマティス博士の主張は面白い。つまるところ人間とは、「音を身体に共振させて感じる受信アンテナ」であり、音楽は「耳で聴く」のではなく「体で感じる」ものなのだから。

 人間という耳にとって、世界は、そして宇宙は、
 すなわち〈音楽〉にほかならない。
 人間は「考える耳」なのである(笑)

« 現代の音楽を憂える青年の主張 | トップページ | クラシック音楽探偵事務所開設 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

人間は考える耳である・・・ステキな言葉です。
仕事柄、高周波に関する効果についてかなり調べました。
http://www.lifeact.jp/kazaoto/iyashikouka.html
に少し紹介していますので良かったらご覧下さい。

いちめんのいちめんの・・・という言葉は
宮沢賢治の春と修羅を思い出します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代の音楽を憂える青年の主張 | トップページ | クラシック音楽探偵事務所開設 »