フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 芸術文化振興の憂鬱 | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第10番 »

2006年5月23日 (火)

梅田 de イラスト展

Illusts 6月に大阪梅田のJEUGIAで行われる予定の「吉松隆イラスト展」(笑)のためのイラストを20点ほど制作中。

 とは言っても、最近の私のイラストは紙に描かれた原画というのは存在せず、すべてペン・タブレットで描いてコンピュータに入力し画像として保存したもの。作業としては、A4サイズにレイアウトし直し、Photoshopというソフトで画像処理(色付けや効果など)を施し、最後にプリントアウトする…という感じである。

 もちろん昔は(というより数年前までは)すべて手描きだったわけだが、無駄に画材やキャンバスやスケッチ帳が増えたり、描いた絵をどこに仕舞ったか分からなくなる紙素材より、ただのデータとして浮遊し場所をとらないし何時でも消せるこういう素材の方が、私としては性に合っているような気がする。なにより、机がインクや絵の具で汚れないし・・・

 などと言いながら、ちゃんとカラー処理してそれなりの高級光沢紙に印刷すると、これがなかなか奇麗な出来映え。おお、これはイケルかも知れない。調子に乗って、ポストカード仕様にしたものも制作してみる。もう作曲なんかやめちまって、こっちに転職しようかな(笑)

 *イラスト展は、JEUGIA梅田ハービスENT店の「吉松隆フェア」スペシャルイベントとして、6月10日(土)より17日(土)まで行われる予定。

« 芸術文化振興の憂鬱 | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第10番 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

イラストがご自身によるのものだと最近知って驚いておりました。よく猫がでてきますが、猫を飼ってらっしゃるのでしょうか。
東京でも作品展が開催されるのを心から期待しています!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術文化振興の憂鬱 | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第10番 »