フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« モーツァルト三昧の熱狂の日 | トップページ | ドン・ジョバンニ殺人事件 »

2006年5月 7日 (日)

舘野泉ピアノリサイタル

Tateno 舘野泉さんのリサイタルを聴きにサントリー・ホールへ出向く。拙作「タピオラ幻景」のほか、末吉保雄、林光、谷川賢作3氏の新作を並べた、日本人の左手のためのピアノ作品ばかりのコンサート。

 私の曲は、初演やCD録音以来、何十回目の演奏か分からないけれど、弾くたびに上手になる…と言ったら失礼かも知れないが、弾き込まれることで曲に生命力が吹き込まれてゆくのがよく分かる。満員の聴衆を前に、本当に幸福そうな舘野さんを見ているとこちらまで心が豊かになる。

 コンサートには美智子皇后もいらしていて、終演後、貴賓室に寄ってご挨拶。実は、以前、舘野さんと皇后様とのピアノデュオ(3手連弾)の曲を書いたことがあるのである。でも、じかにお話するのは初めて。私の曽祖父が先の陛下(昭和天皇)の小児科医(東宮侍医)をやっていたことなどお話する。「また連弾の曲を書いてくださいネ」と注文を受ける。皇室御用達か(笑)

 舘野さんには、書き上げたばかりの左手のための作品の楽譜を2つほど献呈。〈アイノラ抒情曲集〉という7曲の小品集と〈ゴーシュ舞曲集〉という4曲のダンス・ピース。別に頼まれたわけではないのだが、タピオラをやったら次はアイノラでしょ…という声が天からしたものだから(笑)

« モーツァルト三昧の熱狂の日 | トップページ | ドン・ジョバンニ殺人事件 »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。中島と申します。
15日(月)、舘野氏の福岡でのリサイタルへ行きました。
吉松様の「タピオラ幻景」、良かったですよ!

この日のアンコールで、舘野氏は上記吉松様の新作の中から『モーツァルティーノ』を演奏されましたが、そのときほんの少しですが右手も使って弾かれました。演奏前のご本人のコメントによれば、右手を使うのはこれが初めてとのこと。
会場にはすすり泣く女性の姿も見られました。僕自身、歴史的瞬間に居合わせることのできた幸運を感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モーツァルト三昧の熱狂の日 | トップページ | ドン・ジョバンニ殺人事件 »