フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 島田荘司「帝都衛星軌道」 | トップページ | NHK-FMベスト・オブ・クラシック »

2006年6月 8日 (木)

CDリアル・ユーフォニウム

Realeupho ユーフォニウムの外囿(ほかぞの)祥一郎氏の新作アルバムのサンプル盤が届く。(ピアノ:藤原亜美。佼成出版社:KOCD-2519)。

 1999年に彼のために書いた私の「メタルスネイル組曲」op.80(全7曲)の初録音ほか、30〜40代の若い作曲家たち(伊藤康英、鍋島佳緒里、長生淳、中川俊郎、中橋愛生)による委嘱作品ばかり計6曲を集めたオリジナル・アルバムである。

 このユーフォニウム(Euphonium)、通常のクラシック音楽界ではあまり知られていないが、ブラス・バンドや吹奏楽では〈中音域ブラス〉として不可欠な楽器。ベルリオーズやブルックナー、マーラーなどのスコアでは「テナー・チューバ」として使用され、ホルストの「惑星」などにも顔を出す。アルト・ホルンやバリトンは兄弟楽器で、音色としてはスライドのないトロンボーン…といった感じだろうか。

 とは言え、さすがにオリジナルのソロ作品は滅多に無いので、いかに優れた委嘱新作を増やすかが奏者にとっては最重要課題かつ腕の見せ所。昨今は、新しい作品だからと言って、頭でっかちのいわゆる無調・前衛のゲンダイ音楽である事はむしろ稀で、それは今回のこのアルバムを聴いてもよく分かる。だから、演奏家たちも、もっと「こういう曲を書いてくれ!」と主張して、自分たちの時代の楽しくも美しい音楽を作曲家との共同作業で創るといい。200年以上も前に死んだヤツの音楽なんか、どうでもいいからさ(笑)。

 ちなみに、拙作のタイトル「メタルスネイル(Metal Snail:金属蝸牛)組曲」はこの楽器が、金属製のカタツムリみたいな形をしていることに由来している。これも、どーでもいいことだけど(笑)。発売は、6月14日の予定。

« 島田荘司「帝都衛星軌道」 | トップページ | NHK-FMベスト・オブ・クラシック »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

トロンボーンのスライドをはずして、音を出して見ましたが、ユーフォニウムって、こんな音でしたっけ?

そもそも、ユーフォニウム単独の音は、記憶にないなあ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 島田荘司「帝都衛星軌道」 | トップページ | NHK-FMベスト・オブ・クラシック »