フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 左手のピアノのための... | トップページ | 青少年とネコのための交響楽入門書 »

2006年6月29日 (木)

新編:現代の箏曲

Koto 宮城道雄から現代までの箏曲30曲を集大成したという「現代の箏曲」なるCD-BOX(5枚組)が届く。邦楽誌の読者アンケートで選ばれたベスト30なのだそうで、私の「双魚譜」(1986)という尺八と二十絃箏のDUO作品も、古典の顔をして収録されている(笑)。

 それはそれで非常に光栄なことなのだが、「聴き手が選んだ作品」ということで、いわゆる現代音楽系の無調作品は皆無。基本的に…音楽愛好家が普通に聴けて、アマチュア演奏家でも頑張れば演奏できそうな…という曲が並び、洋楽系作曲家としては私のほか、伊福部昭・松村禎三・佐藤敏直…といった諸氏が名を連ねるくらい。それが果たして妥当なのかどうかは歴史の判断にまかせるしかないけれど…。

 ちなみに、私が個人的にCD「現代邦楽ベスト10」を編むとしたらこんな感じ。
・宮城道雄「春の海」(1929)
・諸井誠「竹籟五章」(1964)
・長沢勝俊「人形風土記」(1966)
・武満徹「ノヴェンバーステップス」(1967)
・山本邦山+菊地雅章「銀界」(1970)
・安達元彦「邦楽器のためのシャコンヌ」(1971)
・石井真木「モノプリズム」(1976)
・武満徹「秋庭歌」(1979)
・吉松隆「星夢の舞」(2002)
 ……おっと、あともう1曲か…(笑)

« 左手のピアノのための... | トップページ | 青少年とネコのための交響楽入門書 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 左手のピアノのための... | トップページ | 青少年とネコのための交響楽入門書 »