フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« ピンクフロイド PULSE・・・ | トップページ | 星幻譜 & 風夢の舞 »

2006年7月30日 (日)

狂気と底なし沼の日々

Mad 作曲をしている時はいつだって「このまま気が狂うんじゃなかろうか?」と思う。頭の中でメロディやリズムやハーモニー進行の細部が繰り返し繰り返し(いわゆる壊れたテープレコーダーのように)エンドレスで鳴り続け、止まらなくなるからだ。

 確かに楽想が浮かぶ瞬間というのは楽しいけれど、その後それを磨いてゆく工程はストレスがたまるばかりの作業が延々と続く。この状態の作曲家に「どうですか?作曲は進んでますか?」などと声を掛けるのは、エサが見つからず気が立っている熊に「どうですか?お腹空いてますか?」と声を掛けるのと同じで、かなり危険と言えよう(笑)

 そして、そんな狂気から現実に引き戻してくれるのが、〈〆切〉という存在だ。ものを創る人間にとって〆切というのはストレスの源泉でもあるが、これがあるおかげで「まあ、こんなもんかな」と夢から覚めることが出来るとも言える。
 その〆切がなかった日には…いつまでたっても「これで完成!」という踏ん切りがつかないまま、ズルズルと終わりのない底なし沼にさまよい込んでしまいかねない。〈〆切〉というのは確かに無粋で腹立たしい代物だが、あれはあれで創作における重要な仕掛けだったりするのである。

 で、ひとつの底なし沼から出ると、またもうひとつの底なし沼がある。そうやって、また「このまま気が狂うんじゃなかろうか?」と思う日々が続くわけなのである。

« ピンクフロイド PULSE・・・ | トップページ | 星幻譜 & 風夢の舞 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

8月ですが涼しいですね。それも今日までなのかもしれませんが。

エサが見つからずに気が立っている熊に、
「鮭を捕まえ様としてる?無理無理!」とか「あ~あの樹の蜂の巣の蜂蜜でしょー」などと先回りして言うのもw肝試し的怖さがあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピンクフロイド PULSE・・・ | トップページ | 星幻譜 & 風夢の舞 »