フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 真夏の支点 | トップページ | 残暑お見舞い »

2006年8月17日 (木)

真夏のスタジオ

Studiol 代々木のスタジオに一日こもって、ピアノとコーラス・パートの録音に立ち会う。

 原曲は、先日仕上げた混声合唱と児童合唱とオーケストラという編成の曲。これを、アマチュア・コーラス(&児童合唱)の方々の合唱練習用に、まずは伴奏ピアノ付きで各声部(ソプラノ、アルト、テナー、バス)を歌ったものを録音し、それをCD(ROM)にしてみんなに配布するのだと言う。なんという親切なことが出来る時代になったのだろう!+(^..^)

 ただし、スタジオに集まったのは女声・男声ひとりずつ。男声はテナー2声部とバス、女声はソプラノとアルトの2声部に加えて児童合唱のパートまで担当し、4時間ほどかけてたった2人で最大8声部になる合唱パートを歌い倒して多重録音。これを、各パートごとにミキシングし、CD(ROM)に落として完成である。
 つまり、このCD1枚あれば、合唱のどのパートの人もボタンひとつで自分の歌うパートのガイドを聴くことが出来るわけで、なるほど、至れり尽くせり。

 しかし、ガイドを歌う歌手の方は、アルト(バス)の最低音からソプラノ(テナー)の最高音まで駆使しつつ、民謡〜童謡〜ポップス〜TVドラマの主題歌〜懐かしのメロディ…などなどころころ楽想が変わるトンデモナイ曲(その楽譜を書いたのは私なのですけれど…)を初見で歌い分けなければならないわけで、これは仕事とは言え結構ハード。いや、ご苦労さま。

« 真夏の支点 | トップページ | 残暑お見舞い »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏の支点 | トップページ | 残暑お見舞い »