フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 夏・・・ | トップページ | 作曲家の夏休み »

2006年8月 6日 (日)

転調パズル

Photo_2 常陸の国(茨城)ゆかりの曲を集めて〈お国自慢交響詩〉?にする…という不思議な仕事のスコアを制作中。オーケストラ・混声合唱・児童合唱・オカリナ・創作打楽器という(まるでマーラーかベルリオーズのような)巨大編成で、しかも、茨城産の民謡や童謡やポップスなどご注文の8曲をすべて繋げて構成してアレンジして12分ほどの作品にする…という恐怖の音楽ジグソウパズル。こういう仕事は初体験なのだが、人の曲を勝手にいじくるのも意外と楽しい事を発見(笑)。

 冒頭は、水戸ゆかりの水戸黄門のテーマで笑い?を取り、その後もボレロを入れたりストラヴィンスキー混ぜたりして遊んでいたまでは良かったのだが、後半Fmajorで始めたポップスの曲が、リフの後でなんと半音転調する。気が付くと、#6つのF#majorになってしまって、スコアはもう#だらけ。「しまった」と思っても後の祭り。オーケストラはともかく、これでは子供たちやオカリナは付いてこられない。もう一回半音転調…などというチープな事も出来ないし、さて、どうしたものか…としばし悩む。

 しかし、パズルを解くように、うんうん唸りながらF#→C#→B7→E→A7→D→G7…と転調をこねくり回しているうちに、いつの間にかCmajorに無事に着地。コーダは何事も無かったかのように(お約束の)ハ長調に戻ることが出来た。こればっかりは作曲家にしか味わえない、天にも昇るような達成感である(笑)。

Bruck_1 かのブルックナー先生も、このような事をやっていたのだろうか・・・と、転調を重ねるたびに#♭だらけになる彼の交響曲のスコアを改めて見直して、感慨にふけることしきり。

 え?おまえと一緒にするなって?
 失礼しました。

« 夏・・・ | トップページ | 作曲家の夏休み »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏・・・ | トップページ | 作曲家の夏休み »