フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 須川展也サクソフォン協奏曲コンサート | トップページ | ショスタコーヴィチを深読みする »

2006年9月 6日 (水)

星と風と夢と・・・

Kazeyume 横浜近郊の上大岡「ひまわりの郷」ホールで、邦楽作品2曲の録音セッション。

・星幻譜 op.97(笙&二十絃+風鈴)
・風夢の舞 op.98(尺八&二十絃)

 両曲ともに書き下ろしの新作で、今回が録音初演。演奏は、二十絃:吉村七重、田村法子、尺八:三橋貴風、笙:三浦礼美のみなさん。ちなみに、作曲者も風鈴で演奏に参加(と言っても、曲の最初と最後にちりん…と鳴らすだけなのだが)。録音:カメラータ・トウキョウ。

「星幻譜」は笙と二十絃によるゆっくりきれいな雅の世界。対して「風夢の舞」は尺八と二十絃による変拍子炸裂の七変化舞曲集。この3月に録音した「星夢の舞」とのカップリングで、今年中にはCDになる予定。 

« 須川展也サクソフォン協奏曲コンサート | トップページ | ショスタコーヴィチを深読みする »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

《星夢の舞》が聴けるだけで幸せです。
本件については、紆余曲折、先生、本当にお疲れ様でした。(お疲れ様というのは目上の人に使っちゃ行けないとは言われているようなのですが、こういうときはなんと言えば良いのでしょうかね。)

garjyu

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 須川展也サクソフォン協奏曲コンサート | トップページ | ショスタコーヴィチを深読みする »