フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 13日の金曜日のマメ知識 | トップページ | ホーロック・シャームズ式ことば遊び »

2006年10月16日 (月)

CD 1st edit @星夢の舞

Editcd CD「星夢の舞」の1st Edit (録音セッションのOKテイクを繋げた仮編集音源)をチェック。収録曲は「星夢の舞」「星幻譜」「風夢の舞」の3曲。

 CDの編集は、大なり小なり「作曲家の意向」と「演奏者の意向」と「録音プロデューサーの意向」という三者のせめぎ合いになる。
 作曲家にとってOKでも演奏家にはNGなテイク(音楽的な流れはベストなのに、些細な音ミスがあるような場合)というのもあるし、演奏家がOKでも録音サイドでNGが出るテイク(演奏は一番良かったのに、譜めくりや外部のノイズが入っている場合)もあるからだ。

 要するに、作曲家は「いい音楽」を、演奏家は「いい演奏」を、録音プロデューサーは「いい音」を目指すので、それぞれ目的は同じと言えば同じながら、その指向は微妙に違うのである。

 というわけで、「いい音楽」&「いい演奏」&「いい音」+「面白い」アルバムにするべく、現在最後の追い込み中。11月下旬には発売の予定。乞うご期待。

« 13日の金曜日のマメ知識 | トップページ | ホーロック・シャームズ式ことば遊び »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 13日の金曜日のマメ知識 | トップページ | ホーロック・シャームズ式ことば遊び »