フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 夢みるクラシック 交響曲入門 | トップページ | オリオンマシーン@Asia Orchestra Week 2006 »

2006年10月 1日 (日)

いばらき夢八景@おーいニッポン

01 NHK BS2の「おーいニッポン」茨城特集で、笠間芸術の森公園・野外ステージより〈いばらき夢八景〉の上演生放送。

 オーケストラ・混声合唱・児童合唱に加えてオカリナ隊や陶器のパーカッションなど総勢300人を超える大編成で、茨城県ゆかりの8曲(平将門・水戸黄門・磯節・シャボン玉・ウサギのダンス・見上げてごらん夜の星を・浪漫飛行・いつでも夢を)を3部構成の交響詩もどきにして披露するという、なんとも壮大にして豪勢な(しかも再上演不可能。まさに一期一会の)企画。

 私は特に茨城には縁もゆかりもないのだけれど、オーケストラと混声合唱と児童合唱を使える…と聞いて、ついふらふらと引き受けてしまった(笑)。ただ、演奏がプロのオーケストラ&コーラスではなく、全員現地のアマチュア演奏家…という点については、最初は「大丈夫か?」と不安があったことは確か。でも、昨今アマチュアと言ってもレベルは高くなっているし、それより何よりお父さんお母さん子供たちがみんな一緒になって演奏する…という雰囲気が、プロの演奏にはない不思議なゾクゾクする感じを醸し出し、素敵な仕上がりになった。

02 本番は降りしきる雨の中で行われたのだけれど、野外にもかかわらず大勢の人たちがじっと聴いてくれ、地元の心意気というか、郷土の熱気をひしひしと感じる。オーケストラもコーラスも思う存分歌い上げ、茨城の未来を担う子供たちも熱い音楽を感じてくれた様子で、思い残すことはない出来。指揮の円光寺雅彦さんも満足げ。

 感動のフィナーレの後、司会の女優さんが「素晴らしかったです〜」と涙まで流して感動してくださっている横で、(実を言うと)作曲家の頭の中は「あそこは、こうした方がよかったかな」とか「ああいうところは、こうした方がより感動出来るかな」とかの反省とチェックでいっぱい。そのあたりはもう職業病(笑)。

 でも、やっぱり音楽というのは素晴らしいものだ。演奏に関わってくださった茨城の皆さん、子供たち、スタッフの皆さん、ありがとう。そして、ご苦労さまでした。

« 夢みるクラシック 交響曲入門 | トップページ | オリオンマシーン@Asia Orchestra Week 2006 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢みるクラシック 交響曲入門 | トップページ | オリオンマシーン@Asia Orchestra Week 2006 »