フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« CD 1st edit @星夢の舞 | トップページ | 飲み屋で聞いたオヤジの正論(暴論)2? »

2006年10月20日 (金)

ホーロック・シャームズ式ことば遊び

Smloh
ケン・ジョージ

ラーリス・モヴェル

ハゼフ・ヨイドン

…と、ここまでで何の話だか分かったら、かなり頭が軟らかい証拠。3つとも作曲家の名前をある法則に基づいて変換したもの。分からない方のために、では、もう3人。

マスタフ・グーラー
ブントン・アルックナー
ショミトリ・ドスタコーヴィチ

…要するに、2つの文節の冒頭の一字を交差置換するわけで、子供の頃よくやった言葉遊びのひとつ(ちなみにアルファベットでも可能)。こういうのは正式には何と言うのだろう? 仮に〈ホーロック・シャームズ式ことば遊び〉とでも呼んでおこうか(某TV業界では〈ジャイケル・マクソン式〉とも言うらしいが(笑)。

 あるいは、もうちょっと高度に、百人一首みたいにして下の句だけ読むと言うのもある。
 では、次の3人は?

フパン
ローマン
ジャッチーニ

« CD 1st edit @星夢の舞 | トップページ | 飲み屋で聞いたオヤジの正論(暴論)2? »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

先生こんばんは。

アナグラムというには単純なのでしょうかね。

ルートーヴェン
アーツアルト
たしまつ・よかし

お後がよろしいようで。

こと・みーもん

のだ・おぶなが
ひよとみ・とでよし
いくがわ・とえやす

こ、これは面白い(w

こけち・あごろう
こんだいち・きーすけ
にるはた・ふんざぶろう

と、止まらない(w

コング・キング

あ、ダメだ。(^_^;)

>こういうのは正式には何と言うのだろう?

スプーナリズムですね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Spoonerism

語源となったスプーナー教授は、http://homepage3.nifty.com/niji_wo_mita/text/text38.htmlによると-

>"You have wasted two terms, and that's enough."(2学期をムダに過ごしたね、もうダメだ)というべきところを "You have tasted two worms, and that's enough."(虫を2匹味わったね、もう十分だ)といったとか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CD 1st edit @星夢の舞 | トップページ | 飲み屋で聞いたオヤジの正論(暴論)2? »