フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« ネコはらすめんと | トップページ | ネットの海漂流記 »

2006年10月30日 (月)

昴の舞(すばるのまい)

Subal 邦楽のグループ〈桐韻会〉の依頼で進めていたプレイアデス舞曲集の箏アンサンブル版を仕上げる。
 箏4面(十三絃x3、十七絃x1)という編成で、プレイアデス舞曲集のIからVまでの中から自由に7曲を選んでアレンジしたもの。

 この曲、音それ自体はとてもシンプルなのだが、楽譜にするととてもお琴の曲とは思えないような変拍子の嵐(笑)。なにしろ第1曲目冒頭から、4/4、3/4、5/4、5/8、4/4、7/8・・・と続くのだから(^..^;)。

 最近、アメリカの作曲家志望学生氏から私のこの変拍子趣味(?)について、「アナタの曲のリズム法というのは、どういう法則にのっとっているのですか? 色々な曲をアナリーゼしてみたのですがサッパリ分かりません!」というメールをもらったけれど、それは「企業秘密」(笑)。
 いや、それよりも、世間にはびこる音楽が(1・2・3・4と繰り返すだけの)4拍子リズムばかりであることの方が、私には「サッパリ分かりません!」。4・4・4・4・4・4・より、4・3・5・7・6・2・の方が美しいと思う。それが私の法則なんだよ、若者。

 ちなみに、お琴で「ぷれいあです・だんす」は違和感があるかな…と、「昴(すばる)の舞」と題することにする。
 初披露は、来年の春4月頃の予定。

« ネコはらすめんと | トップページ | ネットの海漂流記 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコはらすめんと | トップページ | ネットの海漂流記 »