フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 名曲を聴くと鬼が笑う | トップページ | 有線 CLASSIC 作曲家特集 »

2006年11月28日 (火)

傘は差さねど野暮用事

Kasa ちょっと野暮用があって、霧雨の中を傘を差さずに外に出る。

 すれ違う人はみんな傘を差していて、「この人、傘を忘れたのかしら?」という目でチラと見る。いや、折畳み傘は鞄の中にいつも持っているのだが、このくらいの雨ならそもそもイギリスでは誰も傘なんか差さないですぞ、お嬢さん。

 そう。最初にイギリスに行った時は「雨なのにどうしてみんな傘を差さないんだろう?」と不思議で仕方なかった。でも、今では「日本人はどうしてこの程度の雨にみんな傘を差すのだろう?」と首をかしげてしまう。
 我が日本にも「春雨じゃ、濡れて行こうか」(by 月形半平太)という名言があったではないか。

 もっとも、これは風流だからなどではなく、横からの雨は傘を差しても濡れる度合いは変わらず無駄だから…と解析した人が居たっけ。確かに、風流も何もあったもんじゃない。

 でも、イギリス人も「なぜ傘を差さないのか?」と尋ねると、風流も理屈もあったもんじゃなく、決まってこう答えるのだ。

 面倒くさいから。

« 名曲を聴くと鬼が笑う | トップページ | 有線 CLASSIC 作曲家特集 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

あ、そうか。
武士は食わねど高ようじ
。。。ですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 名曲を聴くと鬼が笑う | トップページ | 有線 CLASSIC 作曲家特集 »