フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 秋葉原発ロボットの未来 | トップページ | 左手のためのピアノを巡って »

2006年11月 7日 (火)

横のディスプレイを縦にする

 コンピュータやテレビの画面というのは、なぜかすべて横長の横型と決まっている。

 確かに通常の作業では、これがもっとも効率も良く自然である。
 ただ、普通の書類はけっこう縦型として使うことが多いし、作曲でも段数の多い大型のスコアなどを書く場合は縦に段が積み重なってゆくので、縦に長い画面ほどありがたい。そこで、「縦型のディスプレイがあったらなあ」と以前から思ってはいたのだ。

 それが、つい先日、コンピュータ専門店に行ったところ、そういう製品(EIZO Flex Scan L-997)を見つけた。横型でも縦型でも使えるスタンド付きの21.3インチ液晶ディスプレイで、A3サイズ(A4見開き)を等倍表示出来るという。

Monitor 思わず「いいなあ、これ」と食指を伸ばしかけて仕事場に戻り、なにげなく自分のMacのモニタをあれこれ調べてしているうちに、環境設定のところに「回転」というのがあるのを見つけた。→

 で、「なんだこれは?」とクリックしてみると・・・
 なんとモニタ画面の中で画像がすべてが90度回転する(つまり横になる)ではないか! 
 要するに、横になって見ても(誰がそんな使い方をするのかは定かでないが)モニタが使える裏技だったのだ! かれこれ5年も使っているのに、し、知らなかった(笑)

Macmonitor_2 ←そこで早速、デュアル・モニタのうちの1台(写真左)を縦に据え置いてみた。これなら、縦長のスコア1ページ(30段ほど)がスクロール不要で画面全体に表示出来て、実に便利・・・

 ・・・と思ったのだが、そもそもモニター自体が横型限定使用を前提にした台座や足が付いていて、それを縦にして置くと不安定きわまりない。(いわゆる「横のものを縦にする」というやつだ…ちょっと意味は違うけれど)

 結局あきらめて元に戻すことになったのだが・・・
 世の中、まだまだ知らないことがあるものだ。

« 秋葉原発ロボットの未来 | トップページ | 左手のためのピアノを巡って »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋葉原発ロボットの未来 | トップページ | 左手のためのピアノを巡って »