フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 吉野直子リサイタル in フィリアホール | トップページ | あやしい記憶 »

2006年12月27日 (水)

ニーベルングの師走

Walkure_2 昔から、年末というと毎年必ず「バイロイト音楽祭」の録音がNHK-FMから流れていたせいで、ワーグナーの「ニーベルングの指環」が聞こえてくると「いよいよ年の瀬」という気がしてくる。「パブロフの犬」ならぬ「ワーグナーの指環」である(笑)。

 昨日の夜は第2夜の「ワルキューレ」が流れていたから、今日の夜は「ジークフリート」。そして31日の大晦日が「パルジファル」。もっとも、現実のバイロイト音楽祭は7月8月の夏に開催されているので、ヨーロッパのワーグナー党にとっては「指環」はむしろ夏の風物詩?なのかも知れないけれど。

 それにしても、「第9」と言い「指環」と言い、肥大してその先どこにも行くところがなくなったデッドエンドの袋小路的な作品…という点で、実にこの2作は「年の瀬」にこそふさわしい気がする。

 世の中すべて、始まったものには終わりがある。
 そして、終わった処から、また何かが始まるのだ。
 
 ・・・というわけで、今年もあと4日。

« 吉野直子リサイタル in フィリアホール | トップページ | あやしい記憶 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉野直子リサイタル in フィリアホール | トップページ | あやしい記憶 »