フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 舘野泉 plays 吉松隆 | トップページ | 木管楽器の楽しみ »

2006年12月 7日 (木)

CD録音 in 南相馬

Yumehat_1 5日・6日・7日と南相馬市民文化会館で、舘野泉さんによる左手のためのピアノ作品集CD録音セッションに立ち会う。

曲目は・・・
アイノラ抒情曲集(全7曲)
ゴーシュ舞曲集(全4曲)
4つの小さな夢の歌(3手連弾)
プレイアデス舞曲集 IV
子守唄(3手連弾)
3つの聖歌
・シューベルト:アヴェ・マリア
・カッチーニ:アヴェ・マリア
・シベリウス:フィンランディア賛歌

Soma1 もうかれこれ100枚以上CDを発表しているという舘野さんだが、日本での録音セッションは意外にも初めてとか。今回録音場所に選ばれた南相馬市民文化会館(ゆめはっと)は、自ら名誉館長を務める音楽ホール。座席数が1000を超える広々とした空間で、のびのびしたピアノの音が紡がれてゆく。

Soma2 今回は、左手のためのピアノ曲のほかに、3手連弾(左手1本と、両手2本)というちょっと珍しいDUOも聞き物のひとつ。連弾のお相手はお弟子さんの平原あゆみさん。彼女のソロによる〈プレイアデス舞曲集 IV〉も収録され、「左手1本」「両手2本」「二人で3本」という三種類のピアノの競演!となった。

 それにしても舘野さんのピアノは、古稀(七十歳)を迎えられ左手一本…ということが信じられないほど、自由闊達で、繊細にして奔放、かつ「弾くのが楽しくて仕方がない」という喜びに満ちている。そのうえ、ヨシマツ作品ばかりを弾く…という暴挙、もとい、果敢なチャレンジャー精神をも発揮されるのだから頭が下がる。その素晴らしきピアノにミューズの神のさらなる加護と微笑みがあらんことを。

 CDの発売は来年4月の予定。今月19日(火)には舘野さんのリサイタル(オペラシティ)で、アイノラ抒情曲集とゴーシュ舞曲集の初披露が行われる。

« 舘野泉 plays 吉松隆 | トップページ | 木管楽器の楽しみ »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 舘野泉 plays 吉松隆 | トップページ | 木管楽器の楽しみ »