フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日

« 胡蝶ディスクの夢 | トップページ | 殺人事件のある町 »

2007年1月10日 (水)

ピアノの300年史

Piano Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」更新。
 今回は、新春記念「ピアノの300年史」。

 ピアノは(異説はあるものの)1709年にイタリアのクリストフォリによって発明されたことになっている。ということは、来たる2009年に生誕300年を迎えるわけで、色々ひそかに記念行事を目論んでいる向きもあるらしい。

 作曲家にとっては、確かにピアノはなくてはならない大切な仕事道具だが、グランド・ピアノという奴は、部屋に置くにはいくら何でも大きすぎるし重すぎるし音が大きすぎる。
 …なので、私はグランド・ピアノというのを持ったことがない。作曲家を始めた二十代の頃からずっと(何種類も買い替えて、かなり精巧なものにはなっているけれど)「電気ピアノ」派である。

 かつて(10年ほど前)ピアノ協奏曲を書いた時は、さすがに「グランド・ピアノも持ってないのにピアノ・コンチェルト書くなんて!」という罪悪感?にかられたものの、買うお金も置く部屋もなく断念。結局「アクション機構がグランドピアノと同じだという電気ピアノ」で書いてしまった(笑)。

 そんなわけだから、もう死ぬまでグランド・ピアノを持つことはないだろうと半ば諦めている。

 それにしても、ピアノは何であんなに重いのだろう?

« 胡蝶ディスクの夢 | トップページ | 殺人事件のある町 »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胡蝶ディスクの夢 | トップページ | 殺人事件のある町 »