フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 賀春 2007 | トップページ | 胡蝶ディスクの夢 »

2007年1月 4日 (木)

信長オペラ

Mitsuhide TVのお正月番組で「明智光秀」(光秀:唐沢寿明、信長:上川隆也、秀吉:柳葉敏郎)を見る。

 ここでの光秀は、どこまでも真面目で家庭的な常識人。比叡山焼き討ちに戦慄し、信長の暴走を止めようとする。そして、信長を本能寺で討った後、自らも秀吉に討たれることまで予見し、それでも敢えて捨て石になって死んでゆく。ここまで「光秀=いい人」という視点の脚本(十川誠志)は、ちょっと珍しい。

 そんな2時間半のこのドラマを見ていたら、以前、信長と光秀が出て来る演劇の音楽を頼まれたことがあるのを思い出した。演じられる場所は能舞台、役者は信長と光秀の2人だけ、そして音楽はチェロと打楽器だけ…というなかなか恐ろしい企画で、台本まで出来ていたのだが、残念ながら諸般の事情で実現しなかった。

 甲高い声で「金柑頭!」(信長は光秀のことをこう呼ぶ)と叫ぶ信長と、常に冷静かつ真面目に常識論をぶつ光秀の応酬は、どこかイエスとユダのドラマを思わせる。自らを「神」と称する男と、もっとも忠実な弟子でいながら裏切る男。考えてみれば、これはまさしく受難劇そのものだ。それに、信長は安土城でオルガンやクラヴィコードの音楽を聴いているというから、西洋楽器でのオペラ化もあり得なくはないではないか。

 というわけで、その日の夜の夢の中では、狂気じみたカウンター・テナーの信長と、とことん慇懃なバリトンの光秀、その横に男装アルトの森蘭丸、そして突然乱入するコロラトゥーラ・テナー?の秀吉…といった面々が壮大な架空のオペラを繰り広げていた・・・ような気がするのだが、朝起きたら何も憶えていない。残念(笑)。

« 賀春 2007 | トップページ | 胡蝶ディスクの夢 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 賀春 2007 | トップページ | 胡蝶ディスクの夢 »