フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 旧・成人の日 | トップページ | アトム・ハーツ倶楽部 »

2007年1月18日 (木)

クラシック大作曲家診断

Taidan 昨年秋からモソモソと制作を続けて来た西村朗氏との対談本「クラシック大作曲家診断」(仮題)の最後の打合せ。
 
 現役の作曲家二人が対談で語るクラシックの大作曲家たちのお話……なのだが、早い話が、モーツァルトやベートーヴェンを始めとするとする古今の大作曲家の才能と人生と音楽について(独断と偏見で)言いたい放題を言い合い、自分たちを含めた作曲家という怪しい職業について自嘲する書……のような気もしないでもない。

 例によってまたイラスト(まんが)も多々ちりばめられ、数々の賞に輝く世界的な現代音楽作曲家ニシムラ氏も、3頭身のまんがキャラ(↑アキラくん)に変身。何を言っても威厳がないこと甚だしい(笑)。

 対談本体は「モーツァルトって最大公約数的だよね。嫌うヤツがいないってだけでさ」「味が薄くて毒にも薬にもならないっていうことナンじゃないの」という類いの暴論(笑)から始まり、どっちがボケだかツッコミだか分からないまま粛々(?)と進み、終わりはもちろん「キミとはやっとられんわ!」。

 うまく行けば3月頃に出版(学研/アルク出版企画)の予定…だが、うまく行くのかどうかは微妙…(笑)。

« 旧・成人の日 | トップページ | アトム・ハーツ倶楽部 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

西村先生は、黒い詰襟風のイメージがありますけど、吉松先生が、チョッキ姿は見たことありません。ラジオの時は、こんな服装なんですか?

買います、現代音楽やってる作曲家の話が聞きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧・成人の日 | トップページ | アトム・ハーツ倶楽部 »