フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 手塚治虫とアトムの時代 | トップページ | 吉松隆の風景 »

2007年3月15日 (木)

クラシック大作曲家診断

Shindan_2 昨年からジタバタ制作を続けてきた「西村朗と吉松隆の"大作曲家診断"」(学研)が刷り上がってきた。(店頭に並ぶのは来週23日頃。定価は1,785円とちょっとお高い)

 この本、最初は同業者(作曲家)の視点から、クラシックの大作曲家たちの不滅の傑作や奇跡の偉業について語る「真面目な作曲家対談」のはずだったのだが、いつの間にか作曲家たちの「マトモでない部分」を暴露し論評する毒舌大会になってしまった(笑)。

 まあ、確かに「芸術(マジメな)音楽の作曲家」などというと偉そうだが、売れないクラシック音楽界のどん底でお金にならない交響曲なんかを書きまくっていた奇妙で偏屈な人たちなのだ。マトモなわけがない。
 そして、それを論評している二人(西村氏と私)も、どん底のゲンダイ音楽界でもっともお金にならないオーケストラ曲なんかを書きまくっているわけで・・・以下同文(笑)

 あとがきで西村氏はこう書いている。
「かくのごときたわけた対談を本にして世に出して良いわけがない」。

 同感である。・・・でも、出てしまうのである。世も末である(笑)

Wanted

« 手塚治虫とアトムの時代 | トップページ | 吉松隆の風景 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

面白そうですね、ぜひ読ませていただきます。それにしても懸賞金が西村先生は5000ドル、吉松先生は5000円ってどういうことですかw

はじめまして。書店でもう予約済みです。吉松さんに ゆかりのある方に贈呈する!分も含め 二冊!我が家にクラシック解説シリーズ二冊、ちくま新書のとで 三冊あります!楽しみにしています。

購入いたしました。
バーか赤提灯(^^;;のカウンターで、吉松先生と西村先生の間にすわってお話を伺っているような感じで、とても楽しく読んでおります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手塚治虫とアトムの時代 | トップページ | 吉松隆の風景 »