フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・06月04日/11日/18日
    ・07月02日

« 古典音楽簡単到不行! | トップページ | クラシック大作曲家診断 »

2007年3月10日 (土)

手塚治虫とアトムの時代

Top_8 Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」更新。今回は、私の中のアトムについて語る「手塚治虫とアトムの時代」。

 私は作曲家としてデビュー以来、ずっと食えない「純音楽」に意固地なまでに固執してきた。でも、一度だけ「鉄腕アトム・アストロボーイ」(2003)では、アニメの音楽を担当したことがある。そして、その後は子供たちのための「アトム・コンサート」なるクラシック入門ファミリー・コンサートのシリーズを制作していたりする。

 もちろん、それ以前から私の作品の中にしばしば登場する「手塚治虫っぽさ」について、気付かれていた方も少なからずおられるに違いない。そんなわけで時々「どうしてアトムなんですか?」と聞かれる。しかし、私の中では「アトム」と手塚治虫師は…それはもう特別な存在なのである。

 そのあたりの因縁やいきさつについて、懐かしの昭和30年代から紐解いたのが今回のお話。書いているうちに昭和漫画史になってしまった気がしないでもないけれど(笑)

« 古典音楽簡単到不行! | トップページ | クラシック大作曲家診断 »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古典音楽簡単到不行! | トップページ | クラシック大作曲家診断 »