フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 今年の桜 | トップページ | シーズン・オフの避暑地 »

2007年4月 3日 (火)

NHK-FM サンデー クラシック ワイド

Nhknew 日曜日の午後にFMでMC(曲目解説トーク)をやっていた「NHK-FM シンフォニーコンサート」 が、4月からの番組改編で「サンデー・クラシック・ワイド」の中の「シンフォニー・コンサート」として新装開店することになった。解説トークは引き続きわたくし吉松が担当します。ごひいきに。

 この新番組、タイトルに「ワイド」と付くことからお分かりのように、今までは毎月第1,2,3日曜日午後2時からの1時間番組だったものが、今度は毎月第2日曜日の2時から6時までの4時間!!番組になる。
 「4時間たっぷりありますから、ブルックナーやマーラーの交響曲でもオペラでも大丈夫!」と番組担当は胸を張るが、スタジオで丸々4時間、音楽聴きつつ一人でモソモソしゃべるのって・・・;(*_*);

 本日収録した第1回は、前半がベートーヴェンの「エグモント」「皇帝」「英雄」(飯森範親指揮東京フィル)というハイテンション力こぶの3曲、後半がメシアンの(10楽章もある!)巨作トゥランガリラ交響曲(こちらはチョン・ミョンフン指揮東京フィル)、という壮絶なラインナップ。音楽は(当然ながら)コンサート2晩分、しかも、しゃべる部分が50分近くある!!! ;(>_<);

 結局、後半はゲストに(トゥランガリラ交響曲の演奏にはなくてはならない)世界のオンディスト(オンド・マルトノ奏者)ハラダ・タカシ(原田節)さんをお呼びして、あれこれおしゃべりをまじえることになり、一安心。
 ハラダさんは、私と同じ慶應大学出身で、在学中にロックにはまった後、今はクラシック音楽界の片隅で妙なことをやっているという変人同志(笑)。逆に、いろいろ話がありすぎて話し足りなかった感も・・・

 放送は、4月15日(日)14時から18時まで。乞うご期待。

« 今年の桜 | トップページ | シーズン・オフの避暑地 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

前回、大好きな「シェーラザード」(しかも行った
コンサートの)、再放送で聞こうと思ったらなくて、
しかも最終回・・ガーン、とショックを受けていました。
なので新装開店でワイドになって、引き続き吉松先生
とは嬉しい!
伊集院光の番組と、完全にお別れです(^^♪
はじけたモソモソトーク、楽しみにしています!

吉松隆氏様 海外に在住しているので吉松さんの番組を聴くことができなくてとても残念です。で、けっして吉松さんに喧嘩を売るわけではないのですが、フランスTV(FR2)でも面白い音楽番組をやっているので、ぜひ吉松さんにも見ていただきたいと思い、僭越ですがご紹介させて下さい。
http://animateurs.france2.fr/jean-francois-zygel.html (毎週金曜日深夜)前回はロシア人ピアニストのゲストがチャイコフスキーとムソルグスキーを弾き比べてくれました。ムソルグスキーの曲は「ミーシャ、ミーシャ(小熊ちゃん)」という呼びかけが音楽になっているんだそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の桜 | トップページ | シーズン・オフの避暑地 »