フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 西村朗対話集「作曲家がゆく」 | トップページ | 芸術劇場〜左手のピアニスト その後〜収録 »

2007年5月20日 (日)

吉松隆人人都懂音樂講座

Taiwan01 Taiwan02 Taiwan03

 以前このBlogでもちょっと紹介した、台湾で出版される私の〈クラシック入門シリーズ三部作〉の表紙デザインが送られてきた。

Holms_1〈吉松隆人人都懂音樂講座〉シリーズと銘打たれていて・・・
 第1弾が「古典音樂簡単倒不行!
  (図解クラシック音楽大事典)、
 第2弾が「古典音楽就是這様子!」
  (楽勝クラシック音楽講座)、
 第3弾が「古典音楽一下就聴懂」
  (空耳クラシック名曲ガイド)。

 如果出版社(as if publishing/台北)から、この6月より8月にかけて全3冊刊行予定とか。3冊並ぶとなかなか壮観だが、これはどう転んでも真面目な「音楽書」には見えないな(笑)。むしろ「コミックス」の棚の方に並びそうな気が・・・

 楽しいのは、中国語で話すホームズとワトソン。→(click !)
 でも、Si,La,Mi = シラミ(虱)というダジャレはさすがに通用しないわけで・・・会話は成り立っているのだろうか?

« 西村朗対話集「作曲家がゆく」 | トップページ | 芸術劇場〜左手のピアニスト その後〜収録 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

「だェとぴだ」って何ですか?w

↑すみません。前の方のコメントですが
いくら考えても意味が分かりません。
どこに「だェとぴだ」という文字列があるのでしょうか?
ブラウザによる文字化け?
あるいは何かの暗号?
ホームズ先生、教えて!

すいません。分からないのですが、
>「だェとぴだ」という文字列
中国語での発音かなと推測しておりました。

ところで、私は、この装丁、コミックスというよりは、学習参考書かなあと思いました。

すいません、リンク先のこの部分です。

>從一九八八年開始,他與英國的CHANDOS唱片公司,
>簽署專屬的作曲家契約,一年發表一張CD,至目前為
>止已出版多張CD。音樂評論及著作亦豐,著名的有
>「?解だェとぴだ音?大事典」(?研)、「夢ーぉだェ
>とぴだ交響曲入門」(筑摩書房)、編有「だェとぴだ
>攴自由時間」(立風書房)等。

http://www.books.com.tw/exep/prod/booksfile.php?item=0010368068

あーー、なるほど。わかりました。
「ク・ラ・シ・ッ・ク」と中国語の当て字で入力したのが
「だ・ェ・と・ぴ・だ」と文字化けしたんですね。きっと。
(だって、ほら「ク」が「だ」になってますもん)
でも、わたしのブラウザだと「?????」としか
表示されません。つまんない。
でも、これで今晩は眠れそうですw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西村朗対話集「作曲家がゆく」 | トップページ | 芸術劇場〜左手のピアニスト その後〜収録 »