フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 日本戦後音楽史(上・下) | トップページ | FM シンフォニーコンサート »

2007年5月29日 (火)

アイノラ抒情曲集&ゴーシュ舞曲集

Ainolas_2 舘野泉さんのために書いた「アイノラ抒情曲集/ゴーシュ舞曲集」の出版楽譜が届く。
 音楽之友社〈舘野泉・左手のピアノシリーズ〉(1.間宮芳生「風のしるし」、2.ノルドグレン「怪談によせるバラード」、3.吉松隆「タピオラ幻景」、4.林光「花の図鑑」、5.末吉保雄「土の声・風の声」、6.谷川賢作「スケッチ・オブ・ジャズ」)の7冊め。

 ちなみに「左手のためのピアノ曲の楽譜なんて出版しても、(世界で数人しかいない)左手のピアニストしか買わないのでは?」と心配される方もおられるかも知れない。しかし、両手のピアノのための新作…ではとても手が出そうにないアマチュア・ピアニスト諸氏でも、「左手のための曲なら、ちょっと頑張れば自分でも弾けるかも」と、楽譜を買って挑戦される方も多いようで、興味を持って手に取ってくれる方は少なくない。
 舘野さんの左手は思いもかけない新しい音楽の世界を引き寄せたわけだ。

 実際、今回の私のこの2作の楽譜も、言われてみなければ「左手だけのためのピアノ曲」にはとても見えないし・・・(笑)。6月10日発売。

« 日本戦後音楽史(上・下) | トップページ | FM シンフォニーコンサート »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

まさしくそう思い「タピオラ幻景」の楽譜を買いました。
しかし、頭から「どうやって左手だけで弾いてんの?」状態です。
気長に頑張ります!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本戦後音楽史(上・下) | トップページ | FM シンフォニーコンサート »