フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« ピアノ・ルーレット | トップページ | 名作*ここが読みたい »

2007年6月 7日 (木)

左手のピアニストふたたび

Chinai 左手のピアニスト智内威雄(ちない・たけお)氏のドキュメンタリー番組のための取材を受ける。

 彼は31歳になる俊英のピアニスト。ドイツに留学し国際コンクールに入賞し、音楽家としてのキャリアを積み始めた頃、ジストニア(筋肉が自由に動かなくなる神経症)を発症。現在は左手のピアニストとして活動しているそうだ。

 私が舘野泉さんのために書いた「タピオラ幻景」も既にレパートリーとして演奏してくれていて、短いビデオで拝見した限りでは、なかなか切れ味がよくダイナミックな演奏。左手のピアノ…というジャンルでこういう優れた新しい個性が出て来るなんて、世界も捨てたもんじゃない。

 「左手だけのピアノ曲を書く難しさは?」とはよく聞かれることだが、作曲家にとっては「左手のピアノ」というのも立派な楽器のひとつ。単旋律しか吹けないフルートや、伴奏ピアノが必要なヴァイオリンを、誰も「不自由な楽器」とは思わないように、1本の手で弾くピアノも条件は同じ。良い演奏家が生まれば、そのまわりに音楽が生まれる。それだけのことであって、さほど作曲するのに難しいというわけではない。

 ただ、「(彼のような)音楽を志す若い人たちにひとことを」……と言われると、これは難しい。
 音楽は一生を賭けても悔いのないほど素晴らしいものだけれど、職業としての音楽家(表現者)になるには闇をさまよい地獄を見る心積もりも必要。無責任に「頑張ってください」とは言えないからだ。

 でも、闇があるからこそ、人は光に向かって歩き続ける。
 若者よ。大いに学び鍛え、悩み苦しみ、
 力強く地獄と闇とをさまよいたまえ!

 …なんて言っても、テレビじゃ放送出来ないですよね(笑)。
 …はい、カット! お疲れさま。

 ちょっと先になるが、今年の10月18日には兵庫県立芸術文化センターでリサイタルの予定とか。詳しくはこちらへ。

« ピアノ・ルーレット | トップページ | 名作*ここが読みたい »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアノ・ルーレット | トップページ | 名作*ここが読みたい »