フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 星夢の舞@NHK101studio | トップページ | 埼玉・音探しの旅2 »

2007年6月17日 (日)

埼玉・音探しの旅1

Chichibu01 NHKBS「おーいニッポン」のロケ…〈埼玉の音探し〉…のため秩父へ行く。

 埼玉県ゆかりの「音楽(歌)」ということで真っ先に思い浮かんだのが、秩父の「屋台囃子」の太鼓。というわけで、何はともあれ秩父の山へ辿り着き、丘の上から武甲山を臨む。

 そして夜、秩父神社に出向き、屋台囃子(高橋利雄氏率いる「若葉会」)の練習場にお邪魔する。

 屋台囃子は、毎年12月に行われる秩父夜祭りで聴かれる勇壮な和太鼓。6基の笠鉾と屋台が登場し、町は屋台囃子のリズムで満ちあふれる。

Chichibu02 この囃子の基本のユニットは、まず小太鼓(締太鼓)が3面。これが「テレテッケテレテッケ」という8ビートのリズム連打を叩き出し、そのバックで摺り鉦(いわゆるチャンチキ)がリズムを補強する。それに乗ってソリストである大太鼓1面が「大波」「小波」などと呼ばれる自由な乱打を聴かせ、それに呼応して篠笛がオブリガート的に装飾音型を吹きまくる。

 一番目立つのはもちろん大太鼓によるソリスティックな乱打だが、屋台が道の角を曲がる時には、大太鼓が休んで締太鼓だけになる「玉入れ」という打法になる。ここでソロの締太鼓奏者が叩き出す16ビートは、そのドライヴ感と言いスピード感と言い、実に素晴らしい。

Taiko_1 面白いのは、一見均質な8ビートに聴こえる締太鼓の連打のリズムが、独特なゆらぎを持っていること。耳には「A」のように聴こえるのだが、よく聴くと3拍めが微妙に(よほど注意して聴いていないと分からないのだが)長く、「B」のようなリズムになっている。

 これは地元では「子供のころから聴いていて身体に染みついている」そうなのだが、このゆらぎをキープしたまま延々と連打するというのはちょっと真似出来ない。(なので、一般の太鼓グループが「屋台囃子」を真似て演奏したものは、まずほとんどここが均質な8ビートになっている)

Chichibu02b そう言えば、ウィーン風のワルツも微妙にゆらぐ3拍子(「3.14拍子」と言った方が正確か)。ウィーンっ子は身体に染みついているらしいが、これが実に難しい。民族的な伝統のリズムと言うのは「よそ者には簡単にマネできない」ように、ひそかな仕掛けがあるものらしい。

 それにしても、ナマの太鼓の音というのは、耳で聴くだけでなく内蔵に共振して五臓六腑に染み渡る。今回の番組では、この屋台囃子にオーケストラとロックバンドが加わるスコア!を書かなければならないのだが…、さて、どうなることやら。

« 星夢の舞@NHK101studio | トップページ | 埼玉・音探しの旅2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 星夢の舞@NHK101studio | トップページ | 埼玉・音探しの旅2 »