フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« CDジャングル遭難 | トップページ | トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ »

2007年7月23日 (月)

作曲中ですが、何か?

Mad_2 作曲中の作曲家というのは、ピアノの前に座っているより、檻の中のクマみたいに部屋の中をうろうろしている方が多いような気がする。雑誌やテレビの取材で「作曲しているポーズをしてください」と言われると、一応ピアノの前に座りマジメな顔して楽譜を書き込むポーズをするが、あれは音符を書いているのであって、作曲をしているわけではないのである。

 うろうろが高じると、外に散歩に出ることになるのだが、頭の中でああだこうだと音符を組み合わせながら歩いているので、視界はほぼゼロ。前を見ていないからかなり危険である。
 それでも、部屋の中をうろつくよりは外気に触れる分だけ効能があるので、よく近所の神社の森を目指して歩きにでかける。しかし、このところ天気が良くないので、その効能が薄れぎみで、ストレスがたまっている。夏なら夏らしく、晴れて欲しいものである。

 ちなみに、最後の追い込みともなると、部屋の中をうろうろ…とか散歩で気分転換…どころではなく、ピアノか机にしがみついたまま数週間ほど(長い場合は数ヶ月ほど)動かなくなる。この状態の作曲家と、冬眠前で気がたっている空腹なクマには、決して話しかけてはいけない。

« CDジャングル遭難 | トップページ | トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CDジャングル遭難 | トップページ | トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ »