フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 星夢の舞@芸能花舞台 | トップページ | スコア書き佳境 »

2007年7月 1日 (日)

夢寿歌 op.100 初演

Reigaku_1 伶楽舎「伶倫楽遊」演奏会で、雅楽「夢寿歌」の初演。

 演奏会の前半は、古典的な管絃楽編成による「朝小子(ちょうこし)」「輪鼓褌脱(りんここだつ」。そのあと、舞が加わって「還城楽(げんじょうらく)」。
 こちらは管(笛・篳篥・笙)と打楽器がメイン。狂言のような趣のあるリズミカルな舞楽で、知る人ぞ知る、黛敏郎「BUGAKU」の元ネタ。

 そして後半は、私の「夢寿歌(ゆめほぎうた)」の初演。「夢舞」(ゆめまい)、「風戯」(かぜそばえ)、「早歌」(はやうた)、「静歌」(しずうた)、「舞人」(まいうど)という全5章からなる30分ほどの作品。

 勢い余って再演不能な大編成を書いてしまった前作「鳥夢舞(とりゆめのまい)」の二の舞いにならぬよう、今回はあくまでも通常編成による「正統派雅楽」っぽい曲を目指したのだが、「どっからどう聴いても、これはプログレ(プログレッシヴ・ロック)ですよ」と言われてしまう(笑)

 なにしろ雅楽なのにAmとかメジャーセブンスとかのコードは出て来るし、変拍子でアレグロのビート刻んで全楽器アドリブなんてやらせているし。
 でも、「意外と出来るんだ」というのが初演を聴いての印象。じゃあ、次はプレストだ!(……違うか)

« 星夢の舞@芸能花舞台 | トップページ | スコア書き佳境 »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 星夢の舞@芸能花舞台 | トップページ | スコア書き佳境 »