フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« FM シンフォニーコンサート | トップページ | さいたま・希望(ゆめ)旅立ち@おーいニッポン »

2007年8月31日 (金)

左手のためのピアノ協奏曲〈ケフェウス・ノート〉

Cepheus この夏ずっとかかりきりだった左手のためのピアノ協奏曲〈ケフェウス・ノート〉のスコアがようやく仕上がる。

 全5章からなる20分ほどの曲で、15段のスコアが45ページ。今回は、左手ピアノ&室内管弦楽サイズ(弦楽&管5本)のオーケストラなので、両手&フルオケによるピアノ協奏曲のことを考えれば、音符数は(半分とはいかないものの)はるかに少ない。それでも、やはりオーケストラのスコアを書くのはくたびれるのだけれど。(特に、今年のような酷暑の夏には…)

 ちなみに、作曲家が作品を書きあげた瞬間というのは、最後の小節線をガッと引いて「出来たッ!」と叫ぶようなイメージがあるかも知れないが、実はそんなにスパッと割り切れるものではなく、その後もチェックがイジイジと続く。例えば、強弱記号やテンポ記号が抜けている所はないか、音符や休符の書き間違いはないか、小節番号や練習番号はちゃんと付いているか、奏法の指定あるいはテンポの指示などで矛盾している所はないか…などなど。そして、最後の言葉はいつでもこうだ。「うーーーーん。こんな、もん、かな…」

 というわけで、まだ記憶がさめやらぬうちに、作曲の次第については次回の「月刊Classic音楽探偵団」に書いてみるつもり(喉元すぎれば何とやらで、しばらくたつとすぐ忘れてしまうので)。そして初演は、舘野泉さんのピアノにより、今年12月のドレスデン室内管弦楽団の来日公演(東京、京都、山口ほか)にて行われる予定。

 それにしても、8月31日〆切というのは、なんだか夏休みの宿題みたいな感じで不思議な気分(笑)。今年は9月頭に土日がはいるので、先生に提出するのは9月3日の月曜日、というのも同じだし。(というわけで、これから提出日に向けて最終チェック…なのだが、実は明日明後日はBSの大仕事が残っている。夏休みの宿題は簡単には終わらない)

« FM シンフォニーコンサート | トップページ | さいたま・希望(ゆめ)旅立ち@おーいニッポン »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FM シンフォニーコンサート | トップページ | さいたま・希望(ゆめ)旅立ち@おーいニッポン »