フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« 左手のピアノのための法則 | トップページ | 松村禎三氏死去 »

2007年8月 5日 (日)

好きな作家の新刊3点

Photo 好きな作家(五十嵐大介)の新刊が3点届いたので、仕事を半日休んで読みふける。

 この人、最初の短編集(「はなしっぱなし」1996年)から、次作「そらトびタマシイ」(2002年)まで随分あったので、希代の寡作家かと思っていたのだが、ここ数年作品が増え(「魔女」、「リトル・フォレスト」)、今月は新刊3冊一挙発売。嬉しくて予約して手に入れた。

 月刊誌で連載中の「海獣の子供(1)(2)」は、海と生命の起源をめぐる大長編になりそうな物語。アナログの極致のような職人技の精密な画力と、それが生み出すファンタジー(そして美しい水中シーン!)が見事。主人公はかつての丸木俊(原爆の図などで有名な日本画家)の絵本を思わせる古風な筆致で描かれるのだが、それを取り巻く世界の3次元的なパースペクティヴは極めて現代的かつ映像的。これは出来れば全編カラーで見てみたい。

 一方の「カボチャの冒険」は、岩手の農村で暮らす作者と飼い猫カボチャとの田舎暮らしのエッセイ仕立て。ネコとの日常生活を描いたマンガは数々あれど、ほとんど女性作家のもの。男性作家の目から見たネコの日常と言うのはさすがに一味違う。ネコ好きにはたまらないかと…。

« 左手のピアノのための法則 | トップページ | 松村禎三氏死去 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

「猛暑日」とやらで、逃げ込む様に入った書店。
日記を拝読していた猫好きは、迷わず「カボチャ~」を
購入致しました♪ これから読みますが楽しみですにゃ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 左手のピアノのための法則 | トップページ | 松村禎三氏死去 »