フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 京都を歩く その3 | トップページ | スコア編集稿@星夢の舞 »

2007年9月28日 (金)

FM シンフォニーコンサート収録

Fmsym NHKでFMシンフォニーコンサート10月(14日放送)分の収録。

 曲目は、メンデルスゾーン「夏の夜の夢」の序曲および劇音楽3曲(例の「結婚行進曲」含む)と、ヴァイオリン協奏曲(vn:漆原朝子さん)。そして、ブラームス「交響曲第3番ヘ長調」。演奏は、大町陽一郎指揮東京フィル。

 この「メンデルスゾーンとブラームス」…という組み合わせ、作曲家としての育ち方にあまりに「貧富の差」があり、解説していてちょっと複雑な気分になる。
 なにしろこの二人、同じハンブルク出身(ただし世代は親子ほど違うが)ながら、メンデルスゾーンは大富豪の御曹司で家にオーケストラまであった外交的な天才少年、一方ブラームスは貧乏家庭に生まれアルバイトに居酒屋でピアノを弾いて苦学した内向的な純情少年。まるで花形満と星飛雄馬みたい(若い人にはお分かりになりにくいかも知れないが)なのだ。

 それでも「どちらになりたいか?」と言われたら・・・うーむ、やっぱりブラームスかな。

« 京都を歩く その3 | トップページ | スコア編集稿@星夢の舞 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

吉松先生の風貌は最近どんどんブラームス風になっておられますね。吉松先生にとってクララは誰なんだろう、とつい考えてしまいますw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都を歩く その3 | トップページ | スコア編集稿@星夢の舞 »