フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« ヴォーカロイドはポルカを歌う | トップページ | ベランダで読書 »

2007年9月14日 (金)

舘野泉リサイタル@紀尾井ホール

Kioi 紀尾井ホールへ舘野泉さんのリサイタル「吉松隆の風景」を聴きに行く。

 何度も聴き慣れている曲のはずなのだが(それもそのはず、全部自分で作った曲ばかりなのだから!)、聴くたびに色々な聴こえ方をするというのが、生身の演奏家が紡ぐコンサートの最大の魅力。特に「タピオラ幻景」は、今でも多様に変化をしつつ成長しているのがなんとも面白い。

 とは言え、どの曲にももはや「自分が作った曲」という自己愛的な感覚はほとんどなく、「もうちょっと乾いた部分も欲しいな」とか「ここはキイを変えるべきだったな」とか、「あ、ここは良く出来てるじゃない」とか「おお、あざとい!」とか他人事のように聴いてしまうのは作曲の性(さが)か。

 終演後、近くのレストランで舘野さん平原あゆみさんらと食事。まだ残暑(微妙な蒸し暑さ)が残る日本での演奏は、さすがの舘野さんも「やっぱりちょっと疲れた」とおっしゃる。なにしろ「9月の頭にはもう雪が降ってた」という北欧フィンランドから、今や亜熱帯と化している日本に帰ってきたわけで、それでも「これから兵庫行って、北海道行って、福岡行って…」と嬉々として語るお元気さに脱帽。

 この後、日本全国をツアーで飛び回って、そのまま休む間もなくこの12月には、先日書き上げたばかりの私のコンチェルトの初演。どこからそんな元気が出てくるのだろう?「五十で隠居」を理想としてきた疲れた作曲家には、その元気が眩しくもうらやましい・・・(~..~)

« ヴォーカロイドはポルカを歌う | トップページ | ベランダで読書 »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

数ヶ月前テレビでこの企画を知り、番組で舘野さんが嗚咽していたのを見て、舘野さんの音楽とピアノに対する愛情と病魔との戦いのすさまじさに感動しました、さっそくコンサート情報を知り幸いにも最前列でしかも舞台左側(手が見える方)の席で演奏を聴くことができました。 第一曲目のアイノラ抒情曲集のロマンスから、吉松さんの音楽のソノール(響き)というのが紀尾井ホールを満たした、という感想です。個人的には連弾作品よりもアイノラのようにピアニスト舘野泉が一人で血を吐くようにピアノと対峙している作品に何故か感動しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴォーカロイドはポルカを歌う | トップページ | ベランダで読書 »