フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« シベリウス@ぴあのピア | トップページ | 京都を歩く その2 »

2007年9月24日 (月)

京都を歩く その1

02 京都へ「明日へのかたち展」(光風会・工芸展。京都文化博物館。9月20日〜24日)を見に行く。
 母が作品(←吉松道子「母子像」)を毎年出品しているので、毎年この時期には京都へ行き、ついでに(どちらが「ついで」か分からないが)あちこち回って京都三昧するのが年中行事になっているのである。

 いつもならこの時期はもう秋の気配…のはずなのだが、今年は9月も下旬だというのにまだ夏の名残が居座ったまま。
 そこで、市内を徘徊するのはやめ、涼を求めて大原三千院まで足を伸ばし、奥の宝泉院で庭を愛でながら静かにお茶をすする。
 かすかに鈴虫の声も聴こえ、なんだか物凄くひさしぶりに「まったり」する。

04_2 さて、と山門を出たところで、にわかに夕立ちの大雨。京都で傘を差すような雨に出会ったことは、もしかしたら初めてかも知れない。
 まあ、これも一興…と、今度は鞍馬寺に向かい、雨に降られながらもめげずに(とは言っても途中まではさすがにケーブルカーだったのだが)本殿金堂まで登る。
 運動不足の身の割りには意外と軽やかに石段を上がれたものの、歳をとると筋肉痛は(運動の直後ではなく)数日後にやってくるので、明後日あたりが怖い。

03 夜は貴船で一杯。しとしと雨の天気だったので、川床は客の影も無く、ひたすら静か。

 川のせせらぎの音が聴こえるばかりで京の夜はふけてゆく。

« シベリウス@ぴあのピア | トップページ | 京都を歩く その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シベリウス@ぴあのピア | トップページ | 京都を歩く その2 »