フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« もう少し流浪中 | トップページ | さえずり鳥&アルビレオ »

2007年10月22日 (月)

ゼータ・たぴ・ぱん

Ztapi ◀ひさびさに出会った狂気の傑作。凄いと言うか、衝撃的と言うか、大笑いと言うか・・・こういうものがヒョイと生まれるのだからネットの宇宙は怖い。

 ニコニコ動画(会員制)でのオリジナルがこれ
 ↑で見られない場合はyou tubeでの転載はここ

 これが一体何なのか?なぜ奇妙な長い髪の少女がネギ振り回して月面で狂気の歌を踊っているのか?というのにはちょっとした進化の歴史があって・・・ヒマな人は・・・ニコニコ動画初音ミクIevan Polkkaふたりのもじぴったんキイボード・クラッシャーたぴ・ぱん・・・と検索してゆくべし。(ただし発狂注意)

参考資料:長ねぎ少女Ievan Polkka原曲

« もう少し流浪中 | トップページ | さえずり鳥&アルビレオ »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

あわわわwwww

でも、リフの「タピオカパン」って何でしょう?
あるいは「谷岡さん」と歌ってるようにも
聴こえるんですけど。

ラストは昔のTV版「鉄腕アトム」の最終話で、
アトムが地球を救うために爆弾を抱えて太陽に
飛び込んでゆくシーンですよね?

それを知ってると言うことは、作者は年配の方?
・・・あ、私もね m(^^;)m

(@;@)い、いったい全体
どこを流浪すると、こんなもンを
見つけられるンですかッ?

うーん。すごい。
吉松さんも次はミクがプリマのオペラですかね。アリア一曲だけでも。。楽しみです(おいおい)。

以前キーボードクラッシャーバージョン見たときには自分も笑いが止まりませんでした。
吉松さんが初音ミクとかを使って現代曲を書いた場合どんな作品になるのか興味がありますわ。

これを公共電波に乗せるとしたら
一体どことどこに著作権のOKを取れば
いいのでしょうか???

少なくとも
・初音ミクの肖像権
・3D初音ミクの肖像権
・長ねぎ少女の肖像権
・ふたりのもじぴったんの著作権
・キイボードクラッシャー君の肖像権
・サンプリングMIX版制作者の著作権
・アメリカ大使館の許可(国旗を捨ててるので)
・アトムの著作権(ラストシーン)
が必要ですよね。。。ありえない!!!

くたばれ著作権!!!

ネタ?にマジレスしますと、

・初音ミクの肖像権 → 肖像権ではないですね。でも必要です。
・3D初音ミクの肖像権 → これも肖像権ではないです。3D化は無許可で行われているので、初音ミクの販売元に許諾を取るだけでOKです。
・長ねぎ少女の肖像権 → これが初音ミクです。
・ふたりのもじぴったんの著作権 →○
・キイボードクラッシャー君の肖像権 →本人を特定し得ないので許諾は必要ないです。
・サンプリングMIX版制作者の著作権 →サンプリング自体無許可で行われているので、必要ありません。もじぴったんの許諾が得られれば十分です。
・アメリカ大使館の許可(国旗を捨ててるので)→国旗を捨てるのは自由です。必要ありません。
・アトムの著作権(ラストシーン)→これは・・・パロディなので本来必要ありませんが(笑)大人の事情というやつで、話はしておいた方がよいですね(笑)

↑面白いマジレスですが、考えさせられます。

だって、今回のこの作品の「功労者」は
長ねぎ振り回すフラッシュアニメ思い付いた人と
3Dの寸足らず初音ミクのキャラ作った人と
キイボードクラッシャーくんをサンプリングした人と
ミクがダンスする最後のアニメ作ったひとでしょ。

それが全部「無許可なので認可の必要なし」で
ミク売ってる会社とか楽曲の版権持ってる出版社とか
手塚の版権もってる遺族とかに権利や許諾が行くって

・・・どう考えてもおかしい。

タピオカ☆パンはドイツ語では「ぶっ殺すぞこの野郎!」みたいな意味らしいです。ドイツ語は知らないので伝聞ですが...

ちなみに「ふたりのもじぴったん」はJASRACには登録がありません。しかし著作権を放棄したわけではないでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もう少し流浪中 | トップページ | さえずり鳥&アルビレオ »