フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 宮崎・音探しの旅1 | トップページ | 宮崎・音探しの旅3 »

2007年11月16日 (金)

宮崎・音探しの旅2

2shot 朝、NHK宮崎のスタッフ諸氏とまずは宮崎県庁へ。

 宮崎県と言ったら、今は「何と言ってもここでしょう!」とのこと。確かに、朝から観光バスが何台も横付けしていて、門前にずらりと屋台や出店まで並ぶ大にぎわい。

 ↑というわけで、お約束の写真(^ ^)¥
 ナマ知事もお見かけしました。(しっかし、なんというツーショットだ!!)

 続いて、「新婚旅行=宮崎」が全盛の時代(昭和40年代)を知る運転手さんとガイドさんにお話を聞きつつ、太平洋岸の海岸線が美しい日南海岸をタクシーでひた走る。

Nichinan その時代に歌われたある曲の取材ということで、往時を忍びながらフェニックス(ヤシの木のような南国っぽい木)が並ぶ「堀切峠」や、関東で言う江ノ島のような風情の「青島」などに立ち寄る。

 いずれも、当時はハネムーンのカップル(昔懐かしい言葉だ)で足の踏み場もなかったという名所だったらしいのだが、今は昔。青島には、廃虚マニアが喜びそうなホテルも・・・

          *

Miyazaki そして、夕方、市内での取材を終え、車でひたすら北上し、今夜の宿のある高千穂を目指す。

 途中、本番(来年2月)の会場となる河南のホールを下見。宮崎と高千穂のほぼ中間地点(いくぶん宮崎寄り)。

 真夜中、ようやく高千穂着。結局5時間くらいかかったか・・・。
 遠い・・・それに、まだ足が痛い・・・

« 宮崎・音探しの旅1 | トップページ | 宮崎・音探しの旅3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宮崎・音探しの旅1 | トップページ | 宮崎・音探しの旅3 »