フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 双魚譜と風夢の舞 | トップページ | さえずり鳥ブログ@The Flute Quartet »

2007年11月23日 (金)

ここにしか咲かない花

Kobukuro BSの番組で使う宮崎県ゆかりの曲を探すうち、コブクロ(作詞作曲の小渕健太郎が宮崎出身)の「ここにしか咲かない花」を遅まきながら聴き直し、しばし聴き惚れる。

 2005年(わずか2年前)のヒット曲だが、なんだか70年代のフォークソングを聴いているようなノスタルジックな味がある。

 ただ、楽譜に起こしてみると妙に複雑で字余り感があるのがちょっと面白い。同じ宮崎ゆかりの曲で引っ張り出した「人生いろいろ」(作詞の中山大二郎が宮崎出身)とか「フェニックス・ハネムーン」(宮崎の新婚旅行ブームで出来た曲)など往年のヒット曲のシンプルさ(というより単純すぎ!)と比べると、あちこちためらい傷(?)だらけだ。

 でも、それこそが、もはやシンプルではあり得ない現代という時代のヒット曲ということなのだろう・・・。

 ここにしか咲かない花、ここにしか吹かない風
 ここでしか聴けない歌、ここでしか見えないもの
 

« 双魚譜と風夢の舞 | トップページ | さえずり鳥ブログ@The Flute Quartet »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

コブクロっていうと、ハツ・タン・レバー・ハラミ・のコブクロを思いだす人がいるかもしれないですけど、メンバーが小淵健太郎と黒田俊介なので、コブチとクロダでコブ・クロです。小椋久美子と潮田玲子でオグシオなのと同じです。

わたしもこの曲はいい曲だと思います。でも「字余り感」というのは言いえてミョーですよね。「桜」なんかすごいですよ。字余りまくってますから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 双魚譜と風夢の舞 | トップページ | さえずり鳥ブログ@The Flute Quartet »