フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 白い風景・師走の景色 | トップページ | スコア作成(混乱)中 »

2007年12月 3日 (月)

三善晃「レクイエム」の衝撃

Requiem 日本の現代音楽史上屈指の名盤のひとつ、三善晃「レクイエム」(1977年のライヴ録音)がようやくCD化された。(財団法人:日本伝統文化振興財団:VZCC-1007)

 30年前(私がまだ作曲家としてデビューする前!である)、東京文化会館で行われたこのコンサートは、聴きに行った。衝撃で鳥肌が立ったのを覚えている。「レクイエム」というと、普通はラテン語の典礼文よるキリスト教的な宗教作品だが、これは全く違う。日本語の反戦詩(というよりあの戦争に関する断片的な言葉)をちりばめた合唱とオーケストラのための全3章からなる25分ほどの音楽で、死者の安息を願うどころか「死者が生者を激しく告発するような」恐ろしくも壮絶な鎮魂(たましずめ)のドラマである。
 そして、何よりその言葉の選び方が凄い・・・

 誰がドブネズミのように隠れたいか!

 甚太郎おじさん、殺さんごとしなさい

 それはそんなに古い話ではない。
 おとなしいゾウはどうして殺されたか?

 顔をそむけなさるな、母よ。
 あなたの息子が人殺しにされたことから

 あきらめてください。泣かないでください。
 トキちゃん、ケイちゃん、さよなら。

 お父さん。お父さんのひげは痛かったです。

 ああ、あなたでしたね。
 あなたも死んだのでしたね。

 人が死ぬ。その世界の火の中に私一人いる。
 そして、私も死ぬ。世界には誰もいない。
 ただ火事が機械のようにもうもうと燃えていた。

 反戦的な鎮魂曲という点では、ブリテンの「戦争レクイエム」の日本版とでも言えるのかも知れないが、これはそれを遥かに越えた苛烈さで(決して解決する事のない)死者の情念が渦巻き怨念が爆発する。
 そのため、全編不協和音で合唱は絶叫しオーケストラは咆哮するという「聴くにはつらい音楽」だが、この現代音楽的語法なしには戦争の不条理とそこから生まれた巨大な怨念を伝えるのは不可能に違いない。

 戦後の「現代音楽」が何を生み出したか?という問いの、これは(貴重なそして希少な、しかし最高の)解答のひとつと言えるだろう。

« 白い風景・師走の景色 | トップページ | スコア作成(混乱)中 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

私にとってもこの曲の衝撃は強烈でした。
三善晃氏は、「詩を、忘れてください。」
と述べていますが、聴く側としては、
この言葉には、この音楽しか対応しない、
とさえ思えるほどでした。
それでも、ときおり音楽がやや描写的に
感じられる部分が少し引っかかったりは
するのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白い風景・師走の景色 | トップページ | スコア作成(混乱)中 »