フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 多重人格的師匠 | トップページ | 犬も歩けばVocaloid »

2008年1月16日 (水)

MacBook Air どこが4mm?

Mbair ノートブック型Macの新モデル MacBook Air 登場。思わずApple Storeまで見に行ってしまったのだが、現物はまだお店にもなし。昨日の今日だから当たり前か。

 Macのノートブック型パソコンは、1991年の初代PowerBookの頃から(性能はもちろん格段の進化を遂げているものの)大きさはA4強で重さ2〜3kgというサイズは変わらず。「どうしてもっと小さく軽くしないのか?」と思っていたのだが、今回の新モデルはA4サイズ(ディスプレイ:13インチ)ながら1.3kgと、いきなりコンパクト。

 製品発表の第一報では「薄さ4ミリ!」と言うので仰天したのだが、よく聞けば幅:32.5cm、厚さ:1.94cm。一番薄い部分が厚さ4ミリということなんだそうで、本体の厚さはほぼ2センチ。なあんだ。

Air_2

 端子は、USB、オーディオ出力、(Micro)DVIの3つだけ。ネット接続はワイヤレスが前提で、電話回線はもちろんLANケーブルも繋げない。80GBのハードディスクは内蔵しているものの、CD/DVDドライヴは無く、オプションで外付け。なるほど(持ち歩くことを最優先にして)余分なものを削ぎ取った薄さ…ということか。

 これでMacもWindowsも両方使えるのだから、かなりの話題作になることは間違いない。ただ、チトお高い。1.6GHz標準モデルで¥229,800、1.8GHZモデルで¥388,400。厚さ2センチを切ったのなら、値段も20万を切れば良かったのに。

« 多重人格的師匠 | トップページ | 犬も歩けばVocaloid »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多重人格的師匠 | トップページ | 犬も歩けばVocaloid »