フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« ぼちぼち仕事始め | トップページ | iTune store デビュー »

2008年1月 5日 (土)

OS X Leopard 萎え

Osx105 正月休み中にMac OSの最新バージョン「OS X 10.5(Leopard)」を手に入れた。

 OSを新しくすると、必ず大なり小なりソフトに不具合が出て来るので、新しいバージョンへのアップグレードは仕事の切れ目に限ることにしている。しかも、いきなりメインマシン(デスクトップ)に導入して不具合があると怖いので、まずサブマシン(ノートブック)に入れて、しばらく様子を見て…というのが今までのペース。

 そんなわけで今回も、暮れに新OSのパッケージ(¥14,800)を買ってきて、まずノートブック(PowerBook)にインストールし、色々なソフト(特に仕事で使う音楽関係のソフト)を開いてみて不具合がないかどうか確認し、満を持してこの正月に仕事場のメイン・コンピュータ(Power Mac G5)にインストールすることに・・・

 ・・・したのだが、どうしても出来ない。首を傾げて注意事項を良く読むと、シングルユーザーのパックは「インストールは1台のマシンに1回きり」なんだそうで、DVD自体にプロテクトがかかっている様子。

 確かに、複数台のマシンにぱかぱか不法コピーされてはたまらない…という思惑はわかるけれど、こういう仕打ちをされると、デスクトップとノートと2台を使っている正規の「シングル」ユーザーは困ってしまう。(複数台にインストールしたかったら、¥8,000追加して「ファミリー」パックを買えということらしい)。「やれやれ」というか、ちょっと萎えてしまった。

 Macをsytem 6(漢字Talk 6)から使っている古参のMacユーザーとしては、「むかしはもっと大らかだったのに」と思わず遠い目になってしまうが、それにしても最近、この種のプロテクトやライセンス認証がガッチリかかったソフトが多くなってきた。違法な複製を防止したいのは分かるけれど、ちゃんとお金を払っている正規の客にまで、いきなり「万引きは犯罪ですからね」と釘を刺してから「はい、一人一個です」とリンゴを渡す果物屋に、アナタはもう一度行きたいですか?(でも、どうせ結局また行くんですけどね)

« ぼちぼち仕事始め | トップページ | iTune store デビュー »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

>DVD自体にプロテクトがかかっている様子
何か勘違いされているようですね。

 使用契約には「one copy on a single computer at a time」と書いてありますから、残念ながら「同時に2台」にはインストールできません。(それをするには「ファミリーパック」の方を買わなければいけなかったわけです。)

 でも、(確か)1台目をアンインストールすれば、2台目にインストールできるはずですよ。

 こういう複製禁止の契約事項は昔からありましたが、現実的にはユーザーの良心に任されていました。それが最近は、おっしゃる通り「力ずく」になったことは確かです。

 ただ、それをふまえて「シングル」「ファミリー」と2パック売っているのですから、説明書きには「こういうことが出来ます」と並べるだけでなく「こういうことはできません」ということをもっと大書すべきですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼちぼち仕事始め | トップページ | iTune store デビュー »